美容でシミ消しはできる?メラニンの働きからわかるスキンケア!

シミ消しは美容では無理だと思っている方が多いのではないでしょうか。しかし、シミ予防をしながらしっかりとスキンケアを行って入れば、薄いシミやそばかすなら改善することは可能です。

メラニンの働きとシミが改善される仕組みを理解して、透明感のある美しい肌を手に入れましょう。

メラニンって一体なに?

人間・動物・植物など様々な生き物に形成される色素です。人間でいうなら、黒人・白人・黄色人種の肌の違いを作っているものがメラニン色素です。他にも髪の色を黒くしたり様々な働きを持っています。

このメラニンが、一般的に認知されるようになったのは、「シミの原因」であることが理由です。紫外線を浴びるとメラニンが生成されてシミになるため、メラニンは生成させてはいけない色素だという認識が浸透していますが、実はこれは間違いです。

メラニンの働きとは?

紫外線を浴びると生成されるメラニンは、一体何のために生成されているのか、実はメラニンは肌を紫外線から守るために生成される色素です。

そのため、薬や化粧品で無理やり生成を抑えてしまっては、さらにシミができる原因を作ってしまうということ。

紫外線に含まれるUVAは、浸透力が非常に高く肌の真皮にある細胞お傷つけ、DNAの破壊を行います。このUVAの働きを阻害してくれるのがメラニンです。そのため、メラニンを抑制しすぎると紫外線のダメージを強く受けてしまい、最悪の場合皮膚がんになってしまう恐れがあります。

スキンケアでシミは消える?

正しくケアをすれば、シミの悩みを改善することができます。その方法とは、夜にしっかりとケアをすること・肌のキメを整えて保湿をすることです。

まず、紫外線を浴びるとメラニンが生成されてシミやそばかすになります。だからといってメラニンを抑制しすぎるとさらに危険です。そこで、紫外線の影響をほとんど感じない夜にしっかりとメラニンの生成を抑えて肌のターンオーバーを促進することでできてしまったシミを改善することができます。

もう一つのスキンケアとして当たり前のことですが、肌のターンオーバーを促進するためにもしっかりとキメの整った肌であることが望ましいです。しっかりと潤いを保った肌であれば、ターンオーバーも正常に行われるので、薄いシミが消えていくでしょう。

美白化粧品を使用するよりも、医薬品を服用したほうが成分の配合濃度から見ても高い効果を得られます。

ポイント!
医薬部外品よりも第3類医薬品のほうが厚生労働省も認めるほど効果が高い!

化粧品がいいの?医薬品がいいの?

配合濃度は、万人が使用して影響がないとされるギリギリの配合量です。そしてこの濃度で有効成分として認められているものが配合されている化粧品を医薬部外品といいます。

この医薬部外品よりも配合濃度が高いものが医薬品に部類されています。

その中でも、簡単に購入できて確かな効果を発揮してくれるのは、第3類医薬品です。他の医薬品では医師の処方が必須になってしまいますので、皮膚科に行って処方してもらうことになります。

結論としては、医薬部外品は防ぐことを目的に使用するもので、医薬品は改善することを目的に使用するものです。

皮膚科に行くべきシミは?

当然市販薬では治せないほどのシミは存在しますし、市販薬で直そうと思ったら長い期間がかかり、結果的に皮膚科に行ったほうが安く治ったということもしばしば。

そうならないように見極めることは大切です。

わかりやすく見極めるなら、ほくろのような濃いもの、日増しに大きくなるもの、突起のように盛り上がって来るものなどは、がんになる可能性が高いシミですので皮膚科に行くべきです。

薄く小さいものは、スキンケアや市販薬でもしっかりと肌のターンオーバーを促進することで改善することが可能です。

総評まとめ

しっかりと夜の紫外線の影響を受けにくい時間帯にシミケアをして、日中は過剰にメラニンの生成を抑制しないようにする。これを守って保湿と肌のキメを整えることでシミを改善することができます。

ただし、シミの種類を見極めて皮膚科に行くべきものは早急に行くようにしてください。がんになってしまっては大変な治療を行わなければなりません。

シミやそばかすのない美しい肌を手に入れるためには、めんどくさがらずに続けることが大切だといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする