美白化粧品は使わない!これ以上シミを増やさない方法!

美白化粧品に頼らなくても大丈夫なようにシミを予防することが大切です。

最近、シミが気になりだした・・・という方の参考になればと思います。

■日焼け止めは毎日使う

images

日焼け止めは季節限定と考えていませんか?太陽がでていないから、外出しないからなどと決め付けて日焼け止めを使用しないのはNGです。

紫外線は曇りの日でも夕方などでも降り注いでいるのです。また、紫外線は窓を通りぬけて室内にも入ってきます。最近でいうとPCたスマホなどから出るブルーライトもシミを悪化させるんだとか。

1日家にいる時でも日焼け止めを塗るようにこころがけましょう。

しかし、強すぎるSPFのものは肌に負担が掛借りますので無理に1年中塗ることはありません。季節や自分の肌に合った適切な数値のものを選んでむりましょう。

また、汗や水で落ちにくいものを選んでしまうとクレンジングなどで肌に負担をかけてしまうため、石鹸などで簡単に落ちるタイプのものがおすすめです。

■負担をかけないスキンケア

images

スキンケアの際に少なからず手と肌が触れた際に摩擦が生じます。その摩擦がシミを悪化させる原因にもなります。

特にクレンジングは何度も顔を擦ることになるのでミルククレンジングなどやさしくても摩擦が多くなるものはNGです。

洗顔の際は指が肌に触れないくらいにたっぷりの泡でやさしく洗います。あわ立てネットを使用すると一手間掛かりますがこれが大事なポイントでもあります!

また、化粧水をしみこませたコットンを使うのもよくないです。繊維が擦れて摩擦が生まれます。使う場合は手でやさしく包み込むように浸透させます。オールインワン化粧品などは何個かの商品が1つになったものなので摩擦は最小限に抑えることが出来ます。

■たっぷりの保湿

images

年齢を重ねるごとにターンオーバーも乱れてきて、水分・油分ともに現象していきます。夏に限らず肌にはたっぷりと水分を与えたいところです。

しかし、美白成分のほとんどは肌を乾燥さえるような作用があり、美白化粧品を使い際は徹底的に皮質することをおすすめします。

十分の保湿された肌は潤いに満ち、キメが整い、バリア機能が高まります。紫外線のダメージも受けにくい肌になり、ターンオーバーも正常に整いやすくなります。

まとめ

images

美白化粧品を使ってシミを予防することも大切ですが余計な出費は避けたいと思うのも事実です。

出来るかぎり使いたくないという方もいると思うので3つのポイントを押さえておくことも良いと思います。

シミは消すより予防するという事を念頭に置いて、毎日欠かさずこつこつとおこなうことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする