美白化粧品って妊娠中でも使用できる?

妊娠中はホルモンバランスが大きく変わります。妊娠を維持するために黄体ホルモンを分泌するようになるのですが肌の奥でメラニンを作っている色素細胞を刺激する働きがあるため、通常の状態よりもシミが出来やすくなります。

普段から美白ケアをしているつもりでも妊娠中はシミが突然濃くなるように感じる場合があります。

また、妊娠中は心も体も、そして皮膚もかなりデリケートになっています。ましてや赤ちゃんがお腹の中にいるので妊娠中はどうしてみシミが濃くなる理由をちゃんと理解して正しい美白ケアをすることをおすすめします。

妊娠中にシミが増えるわけは?

images

最初で少し触れましたが妊娠中はメラニンを作っている色素細胞を刺激する働きがありますそれによってメラニンの精製も過剰になります。

そうなると少しの紫外線でも過剰に反応してしまい、メラニン色素が大量に生成されてシミが濃くなったり隠れていたシミの予備軍が表面化することによってシミが出来やすいという理由になります。

また、ホルモンバランスの急激な変化により、肌のバリア機能も低下してしまいますので、乾燥や刺激に弱くなってしまい、肌内部での炎症がおきやすくなり、シミや肝斑といった色素沈着を悪化させる原因になります。

妊娠中でも美白化粧品を使っていい?

images

妊娠中は通常の美白化粧品の使用は控えましょう。ただでさえデリケートになっていますし、通常のものでも成分によっては妊娠中には強すぎるものも配合されているためです。

なので妊娠中にしようすると肌イン刺激を感じるだけでなく、赤みなど炎症を引き起こしてしまって逆効果になります。

ですが普通のスキンケアでお手入れしているだけではメラニンにアプローチできません。

それではどのようなものを使えばよいのでしょうか。

美白化粧品とうたっていなくてもメラニンの精製を抑えたりする敏感肌用の化粧品の使用をおすすめします。

ただし、一度はホームページなどを覗いて妊婦でも安心して使用できるものなのか確認してから使ってください。

敏感肌用の化粧品の特徴はとにかく低刺激設計!そしてメラニンの生成を抑えてくれるばかりか、バリア機能を強化してくれるので乾燥や刺激に対して強い肌を作りなおしてくれるところです。

まとめ

images

とにかく妊娠中の美白ケアは消すということより予防を優先してください。また、美白化粧品というものの使用は控えましょう。

敏感肌剥けの化粧品がおすすめとは言いましたが、どんな化粧品でも誰の肌にも合うものは存在しません。

少しでも異常があればただちに使用を止めて医師などに相談することをおすすめします。

自分だけの体では無いので十分に気を使いたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする