美白化粧品の選び方!

ひとことで美白化粧品といっても現在、さまざまな種類のものが存在しています。ホームページを見たりとかその商品の特徴を見ただけでは、私達消費者は何を選んで良いかわかりません。

そこで大まかではありますがこのようなものを選ぶと良いという一つの指標をご紹介していきたいと思います。

美白化粧品に配合されている成分の働き

images

美白化粧品に含まれる美白成分には大まかに分けると2つの働きに分かれます。

シミやくすみの元となるメラニンを作らないようにする働きのあるメラニンの生成を抑える効果とすでに出来てしまったシミやくすみなどを薄くする働きのあるメラニン還元作用です。

ではどのように美白化粧品を選ぶのがよいでしょうか?

images

先ほど、美白成分には大まかに2種類の働きがあるという事を説明しました。ですので自分の肌の状態とよく向き合ってから選ぶのがよいでしょう。

今は目立ったシミは無いけど、後々の事を考えて予防として美白したい場合はメラニンの生成を抑える効果のある化粧品を選ぶのが良いでしょう。

もうすでにシミやくすみがあってそれをなんとか消したい!という人は後者のメラニン還元作用のある化粧品を選ぶようにしましょう。

美白化粧品でよく目にする「医薬部外品」という言葉。これは厚生労働省が認可したというしるしで、医薬部外品の美白化粧品というのは効果も期待できますし、記載の無い商品より安心感をえられるでしょう。また、医薬部外品として記載されている商品はシミやそばかす、くすみなどに対して改善効果が臨床実験で認められたということでもあります。

この用に美白化粧品を選ぶ際には目的に応じた成分を選び、医薬部外品などの厚生労働省に認可されたものを選ぶのが望ましいと思います。

医薬部外品の落とし穴!?

images

医薬部外品とは厚生労働省が認可し、臨床試験を実施したものですが、あくまでそれまでのものであって美白効果が誰にでもかならず効果をもたらすというものではなく、期待が出来る程度のものとして考えてください。医薬品のように効果が完全に認められているというわけではありません。良いものであることには変わりは無いのですが医薬部外品と書いてあるとどうしても効果が現れるといった認識を持ってしまいがちになりますからね。

美白化粧品も肌のタイプやしようしている成分によっては刺激を受けてしまう場合もありますので以上が見られたばあは使用を中止して掛かりつけの医師に相談することをおすすめします。

まとめ

images

いかがでしたでしょうか?

おおまかではありますが美白化粧品の選び方についてご紹介させていただきました。

美白化粧品も目的別に分かれているので自分の肌の状態に合ったものを選びましょう。また、医薬部外品と書いてあってもその効果が全て方にもたらされる訳ではない事もしっかりと把握しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする