日焼けのアフターケアポイント!皮むけに有効!

日焼けをして皮がむけた肌は乾燥しやすく、さらに紫外線も影響も受けやすくなるといわれています。特に顔などの場合は帽子をかぶる、日傘を差すなどの対処をしっかりしないとシミやシワだ出来やすい肌になってまいますので、さらに日焼けをすることのないようにしましょう。

洗う際にはとことん丁寧に

images

皮がむけるのが落ち着くまでは、洗顔や入浴の際はとことん丁寧に洗うということを心がけましょう。顔はごしごしするのではなく、泡でやさしく洗うイメージを描いてください。体の場合はタオルなどを使わずに手でやさしく洗うようにしてください。

  

水は多めにとりましょう

images

日焼けをした後は積極的に水分をとりましょう。皮膚も体の中も水分が不足している状態になりますので水分補給は必須になります。普段はあまり水分を捕る習慣が無い人は特に気をつけて補給するようにしましょう。

常温でも構わないので常に飲めるように常備しておくことが大切になります。

  

ビタミンC・ビタミンE・たんぱく質は積極的に

images

それだけではいけませんがバランスの良い食事を前提とした上でビタミンC・ビタミンE・たんぱく質を特に意識した上で食事を取るのは日焼け後のケアとして効果的であります。

ビタミンCを多く含む食材としてはピーマン・ブロッコリー・柿・イチゴなどがあります。ビタミンEを多く含む食材は鰻・モロヘイヤ・筋子・かぼちゃ・アーモンドなどです。たんぱく質を多く含む食材は肉・魚・乳製品・大豆などがありますので参考にしてみてください。

  

睡眠をしっかりととりましょう。

images

日焼けのあとは体力が落ちやすいといわれています。どこを調べても必ず出てくるのが睡眠です。確かに日焼けをした後の体はだるく、体力が落ちるのがわかります。

しっかりと質の良い睡眠をとって体を休めることが大切になります。

皮むけしないための日焼け対策♪

images

日焼け止めは適量をちゃんとぬりましょう。

日焼け止めを塗るときに特に気をつけなければいけないのが量です。日焼け止めなどは使用量をみずに塗ってしまいがちになります。きちんと確認して塗る量をしっかりと把握し、肌に負担をかけずに伸ばして塗るのが良いとされています。

日焼け止めはこまめに一度つけたらそのままにしないで3時間など自分で時間を決めてこまめにぬるように心がけてください。どうしても汗や水などで日焼け止めが一緒に落ちてしまうからです。

それをすることによって日焼けを少しでも防ぐことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする