【美白成分】アルブチンの働きとは?

美白成分として高い効果を発揮するアルブチンとは一体なんなのでしょうか、どのような働きがあるのかしっかりと把握することで美白化粧品選びの参考にしましょう。

アルブチンとは?


1989年に厚生労働省によって認可を受けた美白成分です。アルブチンは主に、梨やリンゴンベリーなどに含まれており、医師の処方が必要と言われていたほど高い美白効果を持つハイドロキノンとブドウ糖を結合してできた成分です。

ハイドロキノンは、その効果の高さから刺激を感じる可能性があるという欠点がありますが、このアルブチンは、肌への刺激が少なくなっているため、より安定して使用できるという利点があります。

ハイドロキノンの効果に安定性と低刺激が追加された成分という認識でも問題ないのですが、アルブチンにはまた違った美白作用があります。

アルブチンの美白作用とは?

多くの美白成分はメラニンの生成を抑えることでシミができるのを防ぐ効果がありますが、アルブチンは、メラニンが活性化する際に起こる酵素チロシナーゼを抑えることでメラニンの活性化を防ぐことができます。

さらに、ハイドロキノンの効果も兼ね備えているため、すでに発症してしまっているシミを改善する効果もしっかりと発揮します。これによってメラニンが生成される前の段階で防ぐことができ、なおかつシミ自体も改善できる非常に優秀な成分だといえるでしょう。

アルブチンの種類について


アルブチンの中にも種類があり、それぞれに特徴があるため、しっかりと把握しておきましょう。

αアルブチン
梨やリンゴンベリーなどの植物に含まれている成分。独自の技術でブドウ糖とハイドロキノンを結合させたことで、高い美白効果と低刺激の安定性を兼ね備えています。その効果はβアルブチンのおよそ10倍。

βアルブチン
ツツジ科のハーブに含まれている天然植物から抽出した成分。美白成分としては効果が高く優秀ですが、肌との相性がαアルブチンよりもよくないことから効果はαアルブチンよりも劣ります。

総評まとめ

アルブチンは美白成分として効果の高いハイドロキノンに安定性と低刺激を加えた優秀な成分だということがわかりました。使用する際に肌のターンオーバーを助ける化粧品と併用することで、老廃物がしっかりと取り除かれてさらに透明感のある肌へと仕上げることができます。

化粧品の相性や肌ケアをしっかりすることでより美白効果が上がり、短期間でシミの悩みが改善されてくるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする