赤ちゃんに日焼け止めは必要!?日焼け止めの選び方!

赤ちゃんが生まれたばかりのお母さんにとってお出かけの際に気になるのが赤ちゃんへの紫外線の影響ですよね。実際、紫外線は幼い頃から蓄積されていきます。浴びすぎたりしてしまうとシミやシワの原因になったり、免疫力が低下し、色々な病気を引き起こす恐れがあります。

赤ちゃんの肌は

images

赤ちゃんの肌ってもちもちつるすべってイメージがあります。生まれてから2~3ヵ月後程になると皮脂の分泌が少なくなっていき、乾燥しやすい肌になります。肌の厚みも大体、大人の1/3で水分量は半分といわれています。バリア機能をになう表皮が薄いため、ガーゼが少し触れたり、擦れたりするだけで刺激を感じてしまいます。

赤ちゃんに日焼け止めは必要なのか

ただでさえデリケートな赤ちゃんの肌は紫外線によるダメージ大きく、大量に浴びせると大人になってからのリスクは間逃れません。大人同様、浴びすぎると水ぶくれなどの症状も現れることもあります。

しかし、ずっと家にいるわけにもいけません。そこで肌が出来上がっていない赤ちゃんと外出する際は肌が露出している部分には日焼け止めを塗ってケアしてあげることも大切なようです。

images

先ほども書きましたが赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。大人が使うような日焼け止めは控えましょう。できるだけ、日光が当たらないように工夫した方がナチュラルでよいです。しかし、メーカーによっては新生児から仕えるものもあるようなのでホームページなどを確認して使用できるかチェックが必要です。良く分からない場合は問い合わせてみるのも良いと思います。

ではどのような日焼け止めが適している?

images

大切な赤ちゃんに塗る日焼け止めはどのようなものがよいのでしょうか?要点を3つポイントとして出してみたので確認してみてください。

①ノンケミカル

日焼け止めだけに限らず赤ちゃんにしようするものは基本、ノンケミカルのものを選びましょう!とくに日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤は化学原料であり、刺激が強いので避けなければいけません。
また、無香料や無着色などなるべく肌にやさしいものを選んであげることも大切です。

②肌に伸びやすく、落ちやすいもの

のびが良いものを選ぶことによって肌になるべく負担を掛からないようにします。また、上手く落とせずに肌に長い時間、日焼け止めなどが残ってしまう場合があり、トラブルの原因となりかねませんので落ちやすいものを選ぶといいでしょう。

まとめ

images

出来ることなら日焼け止めを使うのはあまりおすすめしません。しかし、どうしてもしょうがない時のために、予め知識を頭に入れておいても損にはなりません。

紫外線は思っている以上に蓄積されていきます。皮膚がんなど恐ろしい病気の引き金にもなりますし、将来それが原因でシミやそばかすが増えても困ると思います。

心配な方はかかりつけのお医者様に確認してみるのが一番良い方法なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする