痛い日焼けあとに有効な4つのポイント!

日焼けと言っても過度に日差しを浴びてしまうと体中がほてり、ヒリヒリと痛い状態が続きます。これではいてもたってもいられませんので、どうにかして早く抑えたいですよね。

そこで痛い日焼け後に有効とされる4のポイントをご紹介していきます。

①日焼けをしたら冷やすこと!

images

調べてみてもどこのでも一番最初に書いてあるのがこの「冷やす」という行為です。

やはり日焼けというのはヤケドと一緒と言われるとおり、日差しを受けて肌が炎症を起こしているということです。皮膚の熱を冷ますことに徹するのがまず第一の条件になるのではないでしょうか。

顔が肩などの一部であれば冷やしたタオルや布で対処できますが体全体などの場合は冷たいお風呂に入るのも有効です。しかし、逆に体を冷やしすぎてしまうなどの恐れがあるので注意してください。

シャワーなどを浴びる際は間違っても肌を擦ったりしないようにしましょう。炎症が悪化する恐れがあります。

②化粧水・ワセリンで保湿

images

冷たいもので皮膚を冷ました後は十分な保湿をすることが重要になります。日焼けは肌に角質層が損傷している状態です。この状態だと皮がむけ始めたり、酷い場合には水泡が出来る場合があります。

これを防ぐには肌に水分を逃さないことが大切で十分に保湿してあげることによって損傷した角質層は修復されます。

ここでも注意が必要なのが美白化粧品などを使用してしまうこと。あせる気持ちは分かりますが美白化粧品は刺激が強いので帰って肌に悪影響をあたえかねません。なので化粧水などの刺激の少ないものを使用しましょう。

化粧水でしっかりと保湿した後はしろワセリンを塗ってふたをshて上げてください。ワセリンを塗ることによって肌の水分を逃しにくくする作用があります。

ここでも注意!ワセリンを塗って紫外線を浴びるとシミの原因となってしまいます。

③市販薬を使用する

images

市販約でも日焼けに有効なものがあります。いくつかありますが有名なところでいうとオロナインです。このオロナインはヤケドに有効な軟膏なので日焼けにも使用できるとのことです。

抗炎症作用があるオロナインは日焼けにによる肌の返照を抑えてくれます。

④肌にやさしいものを着る

images

赤ちゃんの肌同様に日焼けあとの肌はとても敏感になっています。その為、衣服が少しでも擦れると刺激になり、皮膚の痛みが増してしまうということになります。

過度な日焼けをした後は出来るだけは肌に負担の掛からないコットン素材などが吸収性もすぐれていておすすめです。しかしタオル地などは意外とごわごわしているので刺激を与えてしまいます。

まとめ

images

いかがでしたでしょうか。
日焼けをした後はどうしようも無いではなく、しっかりとしたアフターケアが大事です。

これを怠ることによってシミ・そばかす・シワなどのトラブルに繋がってしまいます。

日焼けを防げなかった人は4つのポイントを思い出して実践してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする