日焼けをした肌を白くする方法はある?

うっかり日焼けをしてしまった・・・など外出が増えたり、公園にふと立ち寄った時などに起こりかねませんよね?

日焼けをするとヒリヒリしたりかゆみが出たりとあまり良いことではありません。また、女性の人は特にその後のシミなどが気になってしまうのではないでしょうか。

即効性があるとまではいえませんが日焼けした肌を白くする、シミを出来にくくする4つのポイントを紹介していきたいと思います。

images

①日焼けの基本の対処法

まず日焼けをした後に必ずといってもいいほどやらなくてはいけないことがまずは冷やすことです。冷やし方は人それぞれで問題ないのですが症状を抑えることによって後々シミが出来にくくなったり、肌を白くするような基礎が出来上がります。

②美白ケアとビタミン

肌が落ちついてきたら、肌を白くしたり、シミが出来にくくするにはやはり美白化粧品が有効なのではないでしょうか。自分にあった美白化粧品があるのであればそちらを使うのも良いでしょう。

日焼けに良いとされるビタミンは食事で取ることも大切ですが同時に美白サプリなども今はありますので一緒に摂取しておくと良いと思います。

美白といってもすぐに効果が表れることは無く、ゆっくりと長期的に見ることが大事なものですので外側と内側の両方から美白ケアを行うのも合理的。

また、紫外線は蓄積されるものです。若いから大丈夫といったものが歳を重ねるごとにシミやシワとなって現れますよ。

③角質ケア

肌が再生するために必要なターンオーバーを雄流して上げるのも重要なポイントの内の一つです。やさしいスクラブなどを厳選して角質ケアなどをおこなうと良いでしょう。

肌は日焼けをすると守ろうと防衛反応が出て角質が固くなります。

固い角質のままでいるとターンオーバーが正常に働かなくなり、シミ、しわの原因となっていきます。しかし角質ケアもやりすぎると逆に肌を傷つけてしまい、肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうので注意が必要!

ケアをしたあとは乾燥しやすくなっているのでたっぷりと保湿を心がけましょう!

④日焼けを重ねない

ごくごく単純なことですが肌を速く白くしたかったり、シミを出来にくくするにはこれが一番の対策方法といえるでしょう。

日焼けを重ねることによって大量にメラニン色素が作られ、ターンオーバーがおこなわれても色素が肌に残ったままになり、しみの原因となります。

まとめ

images

日焼けをしたらまずは冷やすことからはじめましょう!

間違えた認識で対処してしまうとトンでもない事になってしまいます。また、若い内は気にせず太陽の光を浴びたい盛りですが紫外線は蓄積されるので10年後、どのようにあなたの皮膚に現れるかわかりません。

後悔する前にちゃんとした知識を学んでおくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする