日焼けをした後の皮剥けの対処法♪

images

背中や肩、顔などが真っ赤に日焼けしてしまったことはないでしょうか?数日してほてりが治まってきた頃にあらわれるのが皮剥けです。

肌が痛痒く、少しでも掻いてしまうとぼろぼろと皮がめくれ上がって汚い印象を与えてしまいます。

そこでついうっかり日焼けをしてしまった際の皮剥けの対処方法をご紹介していきます!

日焼け後の皮剥けをできるだけ防ぎましょう!

images

まず予め知っておいて欲しいこととしては日焼けした後に絶対に皮が剥けない方法は残念ながらありません。

元をたどれば日焼けということ自体、皮膚が焼けどをした状態なのです。ぽろぽろと剥がれ落ちてくるものは焼けどを負って水分が無くなって死んでしまった皮膚。普通に焼けどを負ったときにも水ぶくれや皮がむけるなどすると思うのですがその状態となんら変わりはありません。

皮がむけるという状態は皮膚が再生しようとしていることであって、真っ赤になるほどの日焼けをしてしまうと皮がむけるのを防ぐことは不可能です。逆に皮が剥けないということは死ぬ直前(弱った)の状態の皮膚がそのまま停滞することになるのでシミやシワ、炎症などの肌トラブルの原因となりえます。

皮がむけてくるということは肌が再生しようとしている状態なので見た目こそ悪いですが、肌にとっては悪いことではありません。

とにかく冷やす!

真っ赤に日焼けをしてしまったらとにかく「冷やす」ということをしましょう。熱をもった皮膚を迅速に冷やすことで焼けどを最小限にとどめることができます。

冷たいシャワーなども有効です。その際にボディーソープなどの少しでも刺激になりうるものの使用は控えてください。また、他にも皮膚が染みたり、ヒリヒリするなどの行為はなんであろうとも炎症を悪化させてしまうので控えましょう。

無理やり剥かない!

ほてりが治まってくると皮剥けはいつでも起こる状態になります。そこで我慢できずに剥いてしまうのは止めましょう。肌に大きな負担を与えてしまい、傷が出来ればシミになってしまう可能性もあります。

剥きたくなる気持ちも分かりますが自然に向けるのを待つことが日焼け後にキレイな肌を保つ一番の近道となります。

保湿をしましょう!

日焼け後の肌は完全に水分が足りない状態です。そこへたっぷりと水分を与えてあげるのも重要です。

ここで美白のスキンケアをすぐに使う人もいると思いますが、日焼け後の肌には少し刺激が強いものなので、ナチュラルな低刺激のもので保湿するようにこころがけましょう。

まとめ

images

最初にも掻きました過度な日焼けをしてしまったあとの皮剥けを防ぐことはできませんがなるべく気にならないようにすることはできます。

上記の項目でも気になるという人はたっぷりと保湿をしたあとに、スクワランなdの保湿効果の高いオイルを塗ったりすると皮めくれも目立たなくなってきますのでそちらの対処法もおすすめです。

最後に無理に剥くという行為は止めましょう。少し我慢や対処で美肌に戻れるチャンスになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする