日焼けがしにくい人と日焼けがしやすい人ってどのように違う?

images

私の周りでも一緒に行動しているのに日焼けしない人や、逆に真っ赤になる人、真っ赤にならずにすぐに黒くなる人など日焼けも人によって度合いが違うことがります。調べてみると実はひとそれぞれのメラニンの働きによってばらつきが出てくることがわかりました。

そこでどのような方が日焼けしやすいのか、日焼けしにくいのか調べてみましたのでご紹介していきます。

そもそも日焼けというのは

images

日焼けには2種類あって紫外線B波によって肌が炎症を起こすパターンと紫外線A波によってすぐに肌の色が黒く濃くなるものがあります。

通常ですと日焼けをしやすい人というのは、すぐに黒くなってしまうという肌質を指します。これは一般的には通常の防衛反応で、本当に危険なのは真っ赤になって黒くならない白い肌なのです。

日焼けをしやすい人

日焼けをしやすい人はメラニンの反応が敏感な人です。紫外線を浴びたと察知すると迅速にたくさんのメラニンを合成することで肌がすぐに黒くなり、光老化が出にくくなります。

日焼けをしにくい人

暑い日ざしを浴びて、肌が赤くなっってしまう人は黒くならないので一見、大丈夫なように見えてしまいます。しかし、メラニンによって紫外線を防ぐことが出来ず、紫外線対策をおこなっていないと、シミやシワなどの肌トラブルが進行しやすく、皮膚がんになるリスクも高くなるので注意!黒くならない、もとともと肌の白い人の皮膚がん発生率は日本人の約100倍とも言われています。

日焼けをしやすい人で肌が黒くなるのは防衛本能と書きましたが決して良いものではありません。真皮内でのコラーゲン線維が断裂してしまったり、エラスチンの塊状変化が進行することによって光老化も進行します。

まとめ

images

どんなに強い日焼け止めを塗ったとしても紫外線を100%カットすることはできません。夏などは汗で知らない内に流れてしまうものです。ですので体内に紫外線に強い抗酸化作用の成分を取って紫外線に対しての防御力を高めておくことが大事です。

シミや美白対策のサプリメントなどは日焼けをした後ではなく、日焼けをする前に服用するようにしましょう。手軽に飲めて居間は女性達に人気ですが間違えたのみ方をするとまったく効かないので気をつけてください。

ほんの少しの用事(回覧板/ごみだし)などでもしっかりとした日焼け対策は必要です。保湿するには化粧水と乳液をタップリ塗ることをこころがけましょう。メラニンは肌の新陳代謝によって排出されるので、クーラーなどからの冷え対策やマッサージで結構を良くし、肌のターンオーバーを正常に保ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする