【美白成分】リノール酸Sの働きとは?

美白成分として有名なリノール酸Sとは一体どのような働きをするせいぶんなのでしょうか、そもそもリノール酸Sとは一体なにか、しっかりと把握することで美白化粧品を選ぶ参考にしましょう。

リノール酸Sとは?


リノール酸は、体内で生成することができない脂肪酸の名称です。成長にも欠かせない成分として「必須脂肪酸」とも呼ばれており、オリーブオイル・コーン油・綿実油・大豆油などの食品にもはおぐされている成分です。

高い保湿効果や抗炎症作用がある、肌の水分が失われるのを防ぐだけでなくキメを整えて肌を滑らかにしてくれる作用もあります。肌バリア機能が高まることで、肌荒れ・たるみ・毛穴の開き・乾燥などの肌トラブルを改善する効果が期待できます。

このリノール酸由来の美白成分として、ベニバナ油から精製して処理されて作られたのがリノール酸Sです。遊離リノール酸から成り立つこのリノール酸Sは、厚生労働省から有効美白成分としての認可を取得しています。

リノール酸Sの働きとは?

シミができるのは、紫外線のを浴びることによってメラニンが生成され、そのメラニンがチロシナーゼと結合し活発になることで黒く変色します。リノール酸Sは、このチロシナーゼを分解する働きがあるため、変色してしまう原因を分解してメラニンの生成を抑制することでシミを防ぐ働きがあります。

他にも、色素沈着による肌のくすみやそばかすも予防してくれます。女性ホルモンには影響しないため、シミの中でも女性に多い肝斑の改善効果を期待できます。リノール酸は肌のターンオーバーを活性化して、排泄できなかったメラニン色素をしっかりと排泄ですことができることで肌も滑らかに仕上げます。

副作用はあるの?


皮膚において細胞間脂質でもある重要なセラミドを構成する成分の一つでもあり、元々食品にも使用されていることに加えて厚生労働省が有効美白成分として認めているということを考えても、安全性の高い成分なのではないでしょうか。

ただし、成分の性質上、体質に合わない方が使用するとニキビや肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

総評まとめ

食品にも使用され、厚生労働省からも認可を受けた美白成分ですので、安全性は非常に高いことがわかりました。さらに、シミやそばかすだけでなく肌を滑らかにする作用もあるため、肌荒れが気になる方にも効果を期待できます。

しかし、性質上どうしても肌に合わず肌荒れを起こしてしまうこともありますので、まずは試してから使用するかを検討することがお勧めです。

これまでに、多くの美白化粧品を使っても効果を実感できなかった方は成分の性質をしっかりと把握してもう一度選び治してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする