どんよりくすんだ印象にしているのは肌に蓄積した汚れが原因?

images

毛穴汚れや古い角質が何層も残った状態は、角質層の光反射を乱してしまいます。透明なフィルムも何枚も重ねていくと透明度が失われていくように、古い角質が何層にもたまった肌は光をうまく取り入れられなくなり、くすんだ印象に変えてしまいます。

どうしてそのような現象が起こるのか、どうすれば解決できるかなどについてまとめてみました。

ターンオーバーの乱れが原因

肌の新陳代謝が乱れることで、乾燥した古い角質が肌表面にいつまでも残り続けて角質肥厚を招いてしまい、汚れくすみに繋がっています。

ターンオーバーが乱れるとガサガサ・ゴワゴワに硬くなり、ハリやツヤを失って、見た目の透明感もなくなります。また、古い角質はメラニンを含むため、どんよりくすんだ印象となります。洗顔したあとは肌が一時的に明るくなるようなら、蓄積した汚れが原因でくすんでいる可能性が高いといえます。

images

正しい洗顔が最大のポイント

汚れくすみは、正しい洗顔の方法を知ることで改善する事ができます。毎日の洗顔が改善されることで、少しずつ肌本来の透明感が蘇ります。

そのためには、石油系界面活性剤を使用していないものを選ぶなど、自分に合った洗顔料を見つけることも大切です。くすみが改善されるだけでなく、ニキビなどの肌荒れが治ったり、毛穴が目立たなくなることが期待できます。

濃密でクリーミーな泡で優しくマッサージするように洗うことで、毛穴汚れを吸着して古い角質を取り除きます。刺激や摩擦は避けた洗顔によって、肌に負担をかけずに洗い上げます。

正しい洗顔とは?

30℃くらいの温度で、顔の表面から皮脂が溶け出すとされているので、30℃よりやや高めの32℃くらいのぬるま湯で洗い流しましょう。

最後は冷水で仕上げることで毛穴の引き締めてなめらかにします。

つい35℃以上のお湯ですすいでしまうことで、肌を乾燥させてくすみが改善されない原因にも繋がりますので絶対にNGです。

ピーリングが効果絶大

角質がポロポロと出てくるので、ついゴシゴシ強めのマッサージをしたり、既定時間を以上に肌にのせがちです。また、乾燥肌や敏感肌の方には、洗浄力の高いピーリングは肌の刺激となる場合もあります。

しかし、正しい使用頻度や用法を守ることで強い味方にすることができます。毛穴汚れや肌に蓄積された角質が取り除かれることで肌が明るくなり、透明感が生まれてくすみが解消されます。

ピーリングをしたあとは肌が乾燥しやすくなりますので、化粧水や乳液・クリームなどでしっかり保湿ケアをすることも大切です。

まとめ

images

肌の上に何層も残った古い角質や毛穴汚れをキレイに取り除くことで、くすみは驚くほど改善されます。

くすみのない明るい肌は顔全体の印象も明るくしてくれます。もしも、なかなか改善されないという方は、その場合は違う方法でのケアが必要となるメラニンや糖化によるくすみかもしれません。

正しい洗顔はターンオーバーを整えて、あらゆる肌トラブルを防いでくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする