顔のムダ毛が原因で肌がくすんで見えるのでは?

images

鼻の下に産毛を発見したらショックを隠しきれない想いで、顔の産毛処理をしているという方もいるようですが、顔の産毛のケアまで手が回っていない方も多いようです。

まじまじと気にしていなくても、実は顔には産毛が生えており、それが原因となって肌がくすんで見えるという方も少なくありません。

近頃では、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れなどによって、女性であっても男性ホルモンが優位となってヒゲが生えてしまっている女性も増えているそうです。

そんな顔のムダ毛はどのように処理すると良いのか、それによって得られる効果などをご紹介します。

顔のムダ毛処理のベストな方法とは?

images

なんといっても専門のクリニックがお勧め

安全で高い効果を実感したいならクリニックでの脱毛をお勧めします。

毛根のメラニンに反応する波長の光を照射することで、顔に生えていた産毛が薄くなって生えにくくなるだけでなく、肌自体がツルツルになるところも魅力のひとつです。

くすみが改善されるだけでなく毛穴を引き締めたり、赤ら顔の改善効果の期待できます。

注意したいこと

医師がいないエステサロンなどでの脱毛を検討している方も多いと思いますが、サロンでは医療行為を行うことが出来ないといった背景があるため、弱い光の出力に設定されています。

わき毛などの濃い体毛ならある程度の効果を実感出来ると思いますが、顔の産毛は全身の体毛に比べてとても薄い場所なので、サロンでの脱毛を選択してしまうと、思ったほどの効果を得られない場合が多く報告されています。

クリニックに比べてサロンの方が料金設定が低価格になっているのはそのためです。価格は高くなってしまいますが、長い目で見てもクリニックで脱毛をすることをお勧めします。

自己処理でも効果はあります

自宅でケアできて費用もかからないため、ムダ毛処理はカミソリなどで自己処理をしている方も多いでしょう。

カミソリでのケアでも、肌のムダ毛がなくなることで肌色が明るくなり、化粧ノリも良くなります。

ケアしたあとはたっぷり保湿することも忘れず行いましょう。

電気シェーバーを使用することで肌へのダメージを軽減させる事ができます。

注意したいこと

安全カミソリを使用することで安全にケアすることはできますが、続けることで肌のバリア機能を低下させてしまう場合もあります。

角質層にダメージを蓄積させた状態が続いてしまうと、肌荒れやメラニンくすみの悪化などのトラブルを招きかねません。

たっぷりの泡に滑らせるように行うなど、肌に負担をかけないための注意をしながら行いましょう。日焼けあとの肌などダメージが大きい場合は、トラブルに繋がりやすいのでやめましょう。

まとめ

images

自分は気にしていなくても、他人は意外とよく見ている可能性もあります。

単なる産毛と気にしていなかったムダ毛も、キレイに処理することで肌がぐんと明るくなります。

化粧ノリも良くなり透明感も増すので、産毛によって肌がくすんでいる方は是非チャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする