お菓子を食べ過ぎると肌がくすんでしまうのはどうして?

images

野菜中心の栄養バランスのとれた食事をしているときは肌の調子がいいのに、甘いお菓子やジュースなどをとり過ぎることによって、肌の調子が良くないという経験をしたことはありませんか?

その生活を続けてしまうことで肌をくすませてしまう、糖化という現象が注目されています。

糖化は進行が進んでしまうと、自力での回復はなかなか難しいともいわれています。

お菓子を食べ過ぎると肌がくすんでしまう“糖化”とは、そもそも何なのか詳しく調べてみました。

そもそも糖化とは?

images

糖化は、老化促進物質である「AGE(糖化最終生成物)」作り出してしまう“体のコゲ”とも呼ばれる現象で、“メイラード反応”と呼ばれることもあります。糖分を余分に摂取しすぎることで血液中の糖分の濃度が高まり、体内のたんぱく質などと結びついて変性して、細胞などを劣化させて肌をくすませてしまいます。

病気の原因にも繋がっています

肌をくすませて老化させるだけでなく、お菓子や清涼飲料水などの糖質を摂取しすぎることで内臓などの体内組織にも作用して、さまざまな病気の原因と繋がると注目されています。

動脈硬化・白内障・アルツハイマーなどにも関連していると指摘されています。

images

糖化と肌がくすむ関係について

“体のコゲ”とも呼ばれる糖化は、ホットケーキがこんがり焼けていく現象に似ています。糖質がたんぱく質と血液の体温で結びついて変性してしまうことで、肌が黄色や茶色にくすんでしまいます。

こんがり焼けたホットケーキやクッキーのように、黄ぐすみや茶ぐすみを起こした肌は透明感に欠けており、柔軟性を失って硬くなります。

糖化が進行すると、ハリが失われてシワやたるみが増加してしまいます。原因が糖質の摂りすぎであるため、美白化粧品での改善は期待できません。

糖化を防ぐには?

糖質は身体に必要不可欠な栄養素なので、気にするあまり全く摂らないというのは良くありません。

しかし過剰に摂りすぎることで血糖値が上昇しすぎて、自分でも処理できずに「AGE(糖化最終生成物)」を作り出してしまうので、食事の際は食物繊維を豊富に含む、海藻類やキノコ・野菜を初めに食べることで、糖質の吸収を抑えることができます。

糖化を促してしまうケーキ・菓子パン・清涼飲料水・揚げ物・動物性食品の炒め物は控えてながら、血糖値の上昇をゆるやかにする玄米や全粒粉を使用したパスタ・たまねぎ・トマト・ブロッコリー・ほうれん草・豆腐・納豆などの食材を積極的に食べるようにしましょう。

まとめ

images

糖化対策は、美しい肌を保つ上でとても大切です。糖質やたんぱく質を摂り過ぎない栄養バランスの摂れた食生活を心がけましょう。

また、軽い運動は糖を消費するので、日頃からの軽い運動を心がけて、質の良い睡眠は肌の代謝が高めるので1日6時間以上は睡眠をとりましょう。

また、紫外線は糖化を進行させてしまうので日焼け対策も怠らない事が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする