シミとそばかすの何が違うの?対処法は?

images

シミとそばかすの違いとは?

一見すると違いが分からないシミとそばかすですが、一体どんなことが違うのでしょうか?

シミとそばかすの特徴や、どんなことが原因となってできてしまうのかなどについて調べてみました。

シミは何故できる?特徴とは?

紫外線によるダメージが蓄積されて引き起こされたり、ニキビ跡などの炎症によるものや加齢が原因となって引き起こされるなど、後天的なものが主な原因となります。

老化現象のひとつとされる「老人性色素斑」、ニキビ跡などの炎症が原因でできる「炎症後色素沈着」、ホルモンバランスが乱れることによって発生する「肝斑」、などがシミにあたります。

そばかすは何故できる?特徴とは?

そばかすの正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん)」といい、遺伝性のものであることがほとんどです。大きさは通常のシミより小さい斑点となっており、頬や鼻の周りに出やすいという特徴があります。顔以外の部位に出てくる場合もあります。

また、紫外線を浴びるとより濃くなる性質が持ち、加齢とともに薄くなる場合もあります。

images

シミとそばかすのケアはそっくり

遺伝性であるそばかすを自力で改善する事は難しいですが、今よりも濃くしないために心がけたいポイントは、後天性であるシミのケアと同じでした。

どちらもメラニンが引き金となっていることに変わりはありません。

紫外線から肌を守る

シミは紫外線を浴びて発生するメラニンが蓄積されて肌に現れ、そばかすは紫外線を浴びることで濃くなる性質を持ちます。

日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラス・日傘などの対処によって、紫外線から肌を守ることができます。

また、曇りや雨でも紫外線は出ていますし、冬でも紫外線は降り注いでいます。室内にいてもガラス越し紫外線は入ってきているので、日中は日頃から日焼け止めを塗る週間を身につけると良いでしょう。

ビタミン類が美肌を作る

メラニンの定着を防ぐ効果があるとされる「ビタミンC」は積極的に摂りたい栄養素です。余分に摂取した「ビタミンC」は体内に留まらず排出されてしまうため、こまめに取り入れるのがポイントです。

また、新陳代謝を活発にする「ビタミンE」は、肌のターンオーバーを整えます。活性酸素を除去する作用のある「ビタミンA」は、肌の老化を防ぎます。

美しい肌を維持するために必要不可欠なビタミン類は積極的に取り入れましょう。

医療機関に相談する

毎日のケアで効果を実感しにくいのが、シミやそばかすです。美白成分が配合された化粧品でのお手入れももちろん有効ですが、確かな効果を実感したい場合は医療機関に相談するのもお勧めの手段といえます。

治療でも、内服薬や塗り薬、レーザー治療など、共通点が多いシミとそばかすです。

まとめ

images

シミとそばかすは原因や特徴を見比べると違いはあるものの、一見した見た目や改善方法には共通点が多い事も分かりました。

どちらもメラニンが深く関係していますが、肌に刺激を与えることでメラニンを増殖させてしまう場合もあるので、日頃から優しく洗顔をするなどの心がけも重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする