【美白成分】エラグ酸の働きとは?

美白効果が高いエラグ酸とは一体どのような働きがあるのでしょうか、そもそもエラグ酸とはどういうものなのか、しっかり把握して化粧品選びの参考にしましょう。

エラグ酸とは?


イチゴ・ブルーベリーなどの果物に含まれる天然のポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用があることから、美白効果が発見される前はがんの発生を抑える効果があるとして注目されていました。

しかし、紫外線によっておこる皮膚がんを抑えられるということはシミにも効果があるのではないかと研究が進み、美白効果が見出されたことで、美白化粧品などに配合されるようになりました。

抗酸化作用が高いということで、美白や発がんの抑制に効果があるだけでなく老化防止にも効果がある成分です。

エラグ酸の働きとは?

メラニンの生成を抑えることでシミを防ぐ働きがある美白成分が多い中、エラグ酸はメラニンの生成自体には作用せず、メラニンが黒く変色してしまう原因であるチロシナーゼに働きかけることでシミを防ぎます。

メラニン自体は、肌を紫外線から守るうえで非常に重要な役割を担っていますので、メラニンの生成を防ぐことで紫外線への抵抗力を低下させている恐れがあります。そのため、メラニンの生成を防ぐ美白化粧品を使用したまま紫外線を浴び続けるのは、逆にシミができる原因になることもあります。

その点、エラグ酸はメラニンの生成を抑えずに変色を抑えることができるため、紫外線への心配は他の美白化粧品よりもないのではないでしょうか。

エラグ酸に副作用はある?


天然のポリフェノールであり、抗酸化作用が高いことで発がんを予防する働きがある成分ですので、医療現場でも使われています。

医師が処方する成分ですので、安全性は高く肌への刺激も少ないことから副作用と言えるものはないのではないでしょうか。

しかし、効果が高すぎるため、化粧品には定められた濃度で配合しなければならないため、効果を実感するには少し期間がかかるかもしれません。

ハイドロキノンと似ている?

エラグ酸は、ハイドロキノンとよく似た性質があるといわれており、シミを防ぐことはもちろんのこと、できてしまったシミの改善にも効果が期待できます。

しかし、ハイドロキノンもエラグ酸も効果が高すぎることが原因で、低濃度での配合しか認められていないという現状です。そこを考慮すると、ハイドロキノンのほうが効果としては高いといえるのかもしれません。

どちらもとても優秀で効果が認められている成分ですので、配合されている化粧品を試してみるのもいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする