そばかすは何故できるの?原因は?

目のまわりや頬の上部などに小さく散らばるようにしてできる、茶色い斑点。そばかすには先天的なものと後天的なものに分ける事ができます。その特徴とはどんなものでしょうか?そばかすが出来る原因についてなど、調べてみたので参考にしてみてください。

images

先天的なそばかすとは?

先天的なそばかすは、思春期に増えるという特徴があり、思春期を過ぎると消えることも多いようです。
また、そばかすのある人が家系に多い場合、その遺伝子を引き継ぎそばかすができやすい体質となることもあります。

後天的なそばかすとは?

大人になってできてまった場合自然に消えることはほとんど無く、むしろ年齢と共にに目立ちやすくなる特徴を持ちます。

images

そばかすができる原因やその過程について調べてみました。

紫外線から肌を守ることが大切

そばかすができやすい体質と、できにくい体質はありますが、そばかすを引き起こす最大の原因として紫外線が挙げられます。

紫外線を浴びると出てくる色素形成細胞のメラノサイトが刺激を受け、体を酸化させて老化の原因となる活性酸素が発生します。その結果、自分自身を酸化させたり細胞を傷つけてしまい、そばかすができてしまうと考えられています。

紫外線対策をすることは、そばかすを作らない対策にもなるので日頃から紫外線対策を怠らないように心がけましょう。他にも肌に負担を与えるスキンケアや洗顔、ストレス、睡眠不足、ビタミン・ミネラル不足などが挙げられます。

そばかすの発生する発端は活性酸素

体を酸化させて錆びや老化の原因に繋がっている活性酸素が増えすぎることで、自らの細胞を傷付けたり、酸化させてしまいます。

紫外線を浴びるなど外的刺激を受けることによって、活性酸素が発生してメラノサイトが刺激を受けて活動を始めます。

メラノサイトが刺激されることで、紫外線のダメージから肌を守るために、メラニン色素が生成されて肌を黒くさせて、そばかすができます。肌内部の色素沈着が拡大することによってくっきりと表面化していくと考えられています。

まとめ

images

そばかすができやすい体質の方は、できにくい体質の方に比べて、同じだけ紫外線を浴びてもそばかすに繋がりやすいので、紫外線対策は常に心がけることをお勧めします。

最大の原因は紫外線にあると考えられていますが、肌に良いスキンケアや、ストレスのない生活、栄養バランスの摂れた食事、たっぷり睡眠をとることなども合わせて意識していきましょう。、

冬でも紫外線は降り注いでいるので、1年を通して日焼け止めを塗るなどのケアが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする