肌がサビる?老化を加速させる活性酸素とは?

“活性酸素”をご存知でしょうか?肌や身体が活性酸素によって酸化してしまうことで、あらゆる不調を招いて老化を加速させてしまいます。サビない美肌を維持し続けるなら、活性酸素から肌を守る必要があります。「サビ」と老化の関係についてご紹介していきます。

images

肌がサビるとは?

リンゴやバナナなどの食べ物の断面や、自転車のチェーンや釘などの金属を、空気に触れた状態で放置することで、変色したりサビたりするこの現象が酸化です。

実は活性酸素が肌で酸化することで、同じようなことが現象がおきて、そのことを“肌がサビる”と表眼することがあります。肌がサビることで、老化は加速していきます。

肌がサビてしまうのは何故?

酸素を取り込み、エネルギーをつくるだけで酸素が変化した活性酸素は発生しています。生命活動に必要不可欠で中心的な存在であるタンパク質やDNAを傷害して、その働きを低下させてしまいます。

常に抗酸化酵素や抗酸化物質で身を守っていますが、歳を重ねると抗酸化酵素などの働きが低下して体がサビやすくなります。

肌はサビやすい

紫外線は活性酸素を大量に発生させるため、肌はとてもサビやすくなります。

活性酸素によって真皮の細胞が攻撃されると、ハリや弾力を支えているコラーゲン生成する働きが弱くなり、シワをつくる原因になります。また活性酸素が表皮のメラノサイトを攻撃することでメラニンが増えて、シミの原因にもなります。

images

何が活性酸素を活発にする?

「紫外線」「食品添加物」「ストレス」「睡眠不足」「喫煙」「激しい運動」「深酒」などの理由で、活性酸素を活発にさせて肌をサビらせて老化を進行させます。

最終的には癌や心臓疾患の原因となることも!
肌だけでなく身体にサビが蓄積されることで、各臓器の働きが悪くなり癌や心臓疾患などのあらゆる病気の原因に繋がるとされています。

活性酸素だって悪いだけじゃない

あらゆる不調の原因となる活性酸素ですが、風邪を引いたときに菌を殺して健康な状態に導いてくれるのは活性酸素の働きによるものです。また、洗濯物や布団などを太陽の光で天日干しすると除菌効果が期待できるのもまた活性酸素の働きによるのもです。

肌がサビるとシワが増える?

活性酵素の影響や生活習慣などの影響で肌にストレスをかけてしまうと、ハリがなくなり、シワが増えていきます。

増えてしまったシワを改善するためには、生活習慣の見直しが大切ですが、医薬品を使うのも効果的です。医薬品には、大一類~第三類まであり、化粧品と医薬品の間に位置するのが医薬部外品です。

つまり、医薬部外品のエイジングケア化粧品よりも医薬品のほうが効果効能が保証されているといえます。その中でも第三類医薬品は、薬局やインターネットで簡単に購入できるため、比較的簡単に試すことができます。

第三類医薬品の中で知名度が高いのは、ロスミンローヤルやトランシーノ、ホワイピュアなどがあげられます。ロスミンローヤル事例の記事でそれぞれについて解説していますので参考にしてみてください。

化粧品は外側からの保護ですので、食事の見直しをするときに一緒に医薬品を使って内側からケアすることも大切なのではないでしょうか。

まとめ

images

活性酸素は体内に必要であることも分かりましたが、増えすぎるのは良いとはいえません。肌を“サビ”させて老化を早める美肌の天敵のような存在で、健康を維持するうえでも活性酸素を活発にさせるわけにはいきません。

日々の生活で“抗酸化”を意識していくことが重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする