肌老化だけじゃない?活性酸素はあらゆる病気の原因!

紫外線を浴びると発生する活性酸素は、身体の健康にも大きく関係しており、あらゆる病気の原因であることが分かっています。病気の90%は活性酸素が原因であることが判明しています。

活性酸素はどうやって作られる?

images

酸素によって栄養分を分解したりエネルギーを作り出したりしていますが、呼吸をすることで取り込んだ酸素のおよそ2~3%が活性酸素に変化します。

活性酸素は電子の欠けた状態の酸素となっており、正常な酸素から電子を奪い取ろうとする攻撃的な酸素に変化しています。電子を奪い取られた酸素もまた活性酸素に変化してしまい、更に他の正常な酸素を攻撃して電子を奪い取りに行くことを繰り返すことで連鎖反応となり、活性酸素が一気に増えていくのです。

活性酸素が病気の原因となるのはなぜ?

約60兆個の細胞で私たちの身体は出来ています。
髪の毛や皮膚や血管、そしてあらゆる臓器が、細胞によって成り立っています。
細胞一つ一つが元気であることが健康であるということに繋がります。
活性酸素は健康な細胞に攻撃をしかけて“酸化”させてしまいます。
細胞が酸化してしまうことによって、老化や生活習慣病・癌・動脈硬化といったあらゆる身体の不調が引き起こされてしまいます。

酸化は身体が錆びること

images

りんごの切り口をしばらく放っておくと赤茶色に変色します。また、鉄クギを放置し続けることでやがて赤く錆びつきます。このような現象も酸素と反応しておきる酸化で、同じような現象が体内で起きているため“身体のサビ”と表眼されています。

活性酸素は全身に影響を及ぼします

細胞の集合によって構成されている私たちの身体は、活性酸素によって細胞が酸化してしまった場所を病気にしてしまいます。皮膚の細胞が酸化することでシミ・しわ・たるみを引き起こして、あらゆる肌トラブルを招きます。あらゆる臓器が細胞で出来ていますから、目・胃・腎臓・脳などにおこれば各々の病気になってしまいます。

活性酸素によって血管が酸化されると硬く脆くなり、血管が老化していくことで人も臓器も老化していきます。また、活性酸素によって酸化したコレステロールや中性脂肪がたまると血管を狭くしてしまいます。その心臓の動脈が詰まると狭心症や心筋梗塞を引き起こし、脳で動脈が詰まれば脳梗塞となり、血管が破れると脳溢血となってしまいます。

まとめ

images

風邪やインフルエンザといった細菌が原因となるおよそ10%の病気を除いた、90%の病気は活性酸素が原因であるという発表もされています。

日焼け止めなどで日頃から紫外線予防をしたり、ビタミンC・ビタミンE・亜鉛・セレンなどの栄養素を含む食生活を心がけるなど、活性酸素に負けないための心得もたくさんあります。

「ストレスを溜めない」「睡眠の質を高める」「適度な運動をする」といった生活習慣を心がけることも有効です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする