ホクロってシミなの?違いがわからない!

シミとホクロの違いについて詳しく知っていますか?実際のところ美白化粧品やサプリメントは、ホクロには全く効果がないのか、しっかりと答えられる方は少ないのではないかと思います。

ホクロとは?


元々は、ホクロではなく母体の中にいるときについた糞という意味を込めた「母糞」という名称だったようです。それが時代の流れで「母黒」へと変化して、最終的にホクロに変化したといわれています。

ホクロは、メラニンを含むメラノサイトの密度が非常に高い状態の母斑の一種です。様々な形や大きさがありますが、大きくなったり、境界がぼやけたりと変化が現れた場合悪性でないかの確認のため、受診することをお勧めします。

シミとの違いはなに?

ホクロはもともと存在する母斑であり、自然に消えることはありません。しかし、シミは紫外線の影響によってメラニンが活性化し結合することでメラニンが黒く変色してできるものです。

シミは、肌のターンオーバーが正常であればしっかりとケアすることで改善することができますし、新たにできるものを予防することも可能です。

ホクロは生まれつきあるもの、シミは後からできるものという違いがあるようです。

ホクロでもシミでも出てくるメラノサイトとは?


表皮の基底層という場所に存在するメラニンを生成する細胞の名称です。紫外線を浴びることでこのメラノサイトが活性化し、メラニンを生成する働きがあります。ホクロはこのメラノサイトが集まっている箇所ですので、自然に消えることがありません。しかし、シミはメラニン色素が黒く変色して排出できていないものですので、肌のターンオーバーが正常になることで改善することができます。

紫外線が強いと、このめらのサイト自体も増殖してしまうため、紫外線対策を怠っているとホクロと間違えるほど濃いシミができることもあるかもしれません。

総評まとめ

ホクロとシミは似ているだけで改善できるものとできないものという違いがあることがわかりました。さらにホクロによく似た皮膚がんも存在しているため、大きさが変わったり、盛り上がってきたりと変化があった場合は病院に行って診てもらうことを忘れないようにしましょう。

これまでに多くの美白化粧品を試したけど改善されないシミは、メラノサイトの密度が高いのかもしれません。その場合は病院で治療してもらうことで改善できるでしょう、薄いシミであれば錠剤や化粧品の力で改善することができるかもしれません。

今使っている化粧品やサプリに配合されている美白有効成分をしっかりと確認してその働きが自分に合っているのかを見極めるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする