【美白成分】カモミラETの働きとは?

美白成分のカモミラETとは一体どのような働きがあるのでしょうか、そもそもカモミラETとは一体なんなのか、しっかり把握して化粧品を選ぶときの参考にしましょう。

カモミラETとは?


カモミラETは、カミツレ(カモミール)というキク科の植物の葉から抽出した成分で、有名な大手企業「花王」が独自で発見し開発した美白成分です。多くの美白成分がある中で、初めて薬用美白成分として認められた成分でもあります。

シミは、紫外線を浴びることでメラニンが生成され、そのメラニンが活発になったことでチロシナーゼと結合して黒く変色してしまいおこる症状です。その中でもUVAの作用で肌の奥深くにまで影響がでますので、メラニンの生成を抑えることがシミを防ぐために最も重要と言われている中で、カモミラETは違う視点で働く美白成分です。

化粧品としては、ソフィーナ・エスト・キュレル・ベルリッチ・アラミスなどの花王の有名なブランドに配合されています。

カモミラETの働きとは?

メラニンが生成されるためにはその指示を出している「エンドリセン」という物質が重要な役割を担っています。カモミラETは、このエンドリセンを抑制することでメラニンの生成自体をストップさせる働きがあります。

メラニンの生成自体を止めることで、シミができる原因を根本的に取り除くことができます。さらに、エンドリセンはすでにできてしまったシミにも多く存在するため、すでにできてしまったシミに対しても高い効果を期待できます。

シミを防ぐことで美白効果があるといわれる成分が多い中、すでにできてしまったシミに効果を期待できる成分ですので、使用し続けることで肌の悩みが改善されるかもしれません。

さらに隠れた効果と副作用


カモミラETは、シミに作用するだけではなく、保湿作用・血行促進作用・消炎作用があります。これによってシミケアをしながらしっかりとスキンケアができ、血行を促進してくれることで肌の新陳代謝を向上させてターンオーバーを正常に整えてくれる効果が期待できます。

副作用に関しては、大手有名企業である花王が開発したことや初めて薬用美白成分として認められた成分ということを考えても安全性の高い成分だといえるでしょう。しかし、体質によって成分自体にアレルギーを発症してしまうこともあるようですので、試してから使用することをお勧めします。

総評まとめ

カモミラETは、大手有名企業の花王が独自開発し、初めて薬用美白成分として認められた成分ですので安全性の高い成分ではないでしょうか。さらに、できてしまったシミに対しても改善できる効果を期待できるため、体質として合う方は肌の悩みが改善できるかもしれません。

これまで多くの美白化粧品を使用しても効果を感じられなかったという方は、シミを防ぐだけの成分が配合された化粧品を使用していたかもしれませんので、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする