乾燥肌はシミができやすいのは本当?

肌質によってシミができやすいということが本当にあるのでしょうか、日焼けしやすい人としにくい人がいるため、気になるところです。しっかりと把握することで正しいシミ対策を見つけましょう。

乾燥肌とは?


乾燥肌の人にはいくつか特徴があります。表面が乾燥してしまう方はニキビや肌荒れが多い、肌内部が乾燥している人は、表面がカサついていたり粉を拭いてしまう、それとは対照的に顔が油っぽい人もおり、そういった人はオイリー肌と勘違いしてスキンケアを行っている場合があるようです。

どの乾燥肌の人にも共通しているのが、肌バリア機能が低下してしまっていることです。肌表面のキメが乱れて外的刺激を直に受けてしまうことで、肌荒れやニキビができる原因になります。他にも肌のたるみや毛穴の開きの原因でもあります。

シミができやすいのは本当?

肌バリア機能が低下しているということは、肌内部まで紫外線が届きやすい状態にあるということですので、普通肌の方に比べて抵抗力がありません。そのため、しっかりとケアをしていてもすぐにシミができてしまうという方が多いのかもしれません。

UVAは、浸透力が非常に高く真皮にまで届く紫外線ですので、キメが乱れた肌には、日焼け止めを塗っていても届いてしまうこともあるのではないでしょうか。

これまでにSPF・PAの高い日焼け止めを使っていても意味がないと感じている方は、乾燥を改善することで肌の抵抗力が向上してシミのできにくい潤った肌へを手に入れることができるかもしれません。

オススメのスキンケア方法は?


乾燥肌の方は、まずインナードライのスキンケアを試してみるといいかもしれません。なぜかというと肌内部のうるおいが戻るということは、減少してしまったコラーゲンやヒアルロン酸が増殖するということですので、ハリや弾力がよみがえってきます。

高い浸透力を持つ化粧水や、肌内部でとどまることができる化粧水を使用して、しっかりと美容液や乳液で表面を覆いましょう。パックに関しては、長時間の使用は逆に肌へ負担をかけてしまうため、使用目安を守るようにしましょう。

それでも改善されない場合は、洗顔とクレンジングを変えてみるといいかもしれません。洗浄力を抑えて肌への刺激を減らすことで負担をかけずに洗い流すことができます。

しかし、あまり洗浄力が弱すぎると逆に汚れがたまってしまい毛穴が開いたり肌がたるむ原因になりますので注意が必要です。

総評まとめ

乾燥肌の方は、肌トラブルを回避することが非常に大変です。しかし、自分の肌がどの乾燥肌なのかを把握して正しいスキンケアを行うことで完全されるかもしれません。

乾燥肌が改善されたときから、肌が紫外線に対してしっかりとした抵抗力を発揮しますので、今までよりもシミができにくい肌になっているかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする