紫外線が及ぼす肌への影響について

紫外線が肌に及ぼす影響は多く、紫外線対策を怠るとどうなるのかを知っておくことで、遅れて来るシミやそばかすを未然に防ぐことができます。

紫外線は肌にどう作用する?


肌に影響を与える紫外線。詳しく言うならUVAとUVBが肌に与える働きをご存知でしょうか?実はこのAとBでは作用が異なります。まずBの方の作用は、肌表面の細胞を傷つけることと火傷させることで、日焼けしたりシミやそばかすが残ってしまいます。

そして最も対策すべきなのはUVAの方です。実は紫外線のうち95%はUVAだと言われており、このUVAは20~30%が肌の奥深くに存在する真皮にまで届くため、肌内部に存在する”繊維芽細胞”を傷つけます。

この繊維芽細胞は、コラーゲンやヒアルロン酸を増やす働きがあるため、繊維芽細胞が損傷して働きが低下してしまうと、肌のたるみやシワの原因にもなり”老け顔”になってしまう恐れがあります。

紫外線が当たるとなぜシミやシワができるの?

紫外線が当たる刺激によって肌内部ではメラニン色素が生成されます。

メラニンは、黒色と肌色の2種類が存在し、ユーメラニンとフェオメラニンと呼ばれています。黒髪が白髪になってしまうのは、メラノサイトを生み出す幹細胞の衰えのよってメラニンが生成されなくなることが原因だと言われています。

人体において大事な働きをしてくれるメラニンですが、紫外線が当たることで肌内部にユーメラニンが生成され、合成を促進されてしまうことでシミやそばかすになってしまいます。

美白化粧品はどんな働きをする?


美白化粧品の多くは、メラニンの働きを抑えて、合成することを未然に防ぐことでシミが新しくできないようにします。さらに合成してしまったメラニンを少しずつ取り除き薄くすることを目的にしているものも販売されています。

しかし、肌表面のキメが乱れていたり表面が乾燥によって硬くなっていると、成分の浸透が著しく低下するため、その効果を実感することができないということもあります。

メラニンは、冷やすことで活動を低下することができるため、長時間外にいた日はしっかりと冷やしてから保湿してあげることで化粧品の効果を向上させることができるのではないでしょうか。

総評まとめ

紫外線対策として最も防ぐべきなのはUVAであり、シミやそばかすができる原因はユーメラニンが合成して黒く見えることが原因だということが分かりました。

人種によって肌の色が違うのもこのメラニン色素が原因だと言われているほど、肌に多く存在していることを忘れずに紫外線を防ぐことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする