日焼け止めで紫外線対策をしっかりしよう

紫外線対策と聞くとまず最初に日焼け止めが思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、日焼け止めと言っても多くの商品が販売されていますので、何を見て決めればいいのか悩んでしまう。そんな時の参考になればと思い調べてみました。

日焼け止めに書いているSPF・PAって?


まず大切なのはSPF・PAの表示がどれぐらいなのかということです。ここは大きな基準になりますので、意味が解らないという方のために解説しておきます。

SPFって?
SPFとは、サン・プロテクション・ファクターの略です。主に表皮に影響を与えるUVBをカットする力を示している表記で、SPF1が20分として、SPF50という表記であれば、20分×50=16時間40分ということ。SPF50+の表記は、最大値以上の持続時間があることを示しています。

PAって?
PAとはプロテクション グレイド オブ UVAの略です。こちらは、肌にとって最も悪影響を及ぼすUVAをカットする効果を表した表記ですので、アンチエイジングに関心のある方にとっては、必ず見ておくべき表示です。+~++++の4段階での表記で、日常的に買い物などに行く程度なら++ぐらいで十分のようです。

この2つの表示をしっかりと見て、使用する状況によって使い分けることもできます。高い表示のものは、海やアウトドアに出かけるときにのみ使用して、普段は一般的な表示のものを使用すると肌への負担も抑えることができるのではないでしょうか。

成分には十分注意しよう


紫外線カット力を高くするために使用されている成分は、場合によっては肌トラブルを引き起こす可能性があるため、十分に注意が必要です。

肌への影響を考えるのであれば、紫外線吸収剤の中でもt-ブチルメトキシジベンゾイルメタンやオキシベンゾン-3などが配合されている商品はあまりオススメしません。

紫外線吸収剤は、紫外線を一度吸収してから放出するため、肌に負担をかける成分だと言われています。しかし、同じ紫外線吸収剤でもメトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、多くの商品に使用されている、紫外線吸収剤の中では最も安全性の高い成分です。

刺激を感じることなく使用したいということであれば、酸化亜鉛や酸化チタンなどの紫外線散乱剤と呼ばれるノンケミカル成分が配合された商品をオススメします。

科学成分ではないので、敏感肌の方でも安心して使用できるのではないでしょうか。

総評まとめ

紫外線カット力が高い日焼け止めを購入することで肌に負担をかけてしまう可能性もあるのでしっかりと成分を見てから購入することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする