透明感のある肌を手に入れよう!

透明感のある肌を手に入れるためには、しっかりとした対策をしておかなければなりません。正しい紫外線対策や紫外線を浴びてしまった後のケアなど、しっかりと把握して透明感のある肌を手に入れましょう。

肌がくすんでしまう原因は?


くすみやシミ、そばかすは紫外線による発症が非常に多いことは有名だと思います。紫外線を浴びることでメラニンが生成され、活性化して結合することで黒く変色していきます。

肌の新陳代謝が悪く、しっかりとメラニンを排泄できていないことで、黒くなったメラニンがたまり、シミやそばかすになってしまいます。

紫外線の影響は、シミやくすみだけにとどまらず、皮膚がんを発症してしまう原因でもありますので、メラニンをしっかりと排出することと活性化するのを抑えることが大切です。

どんなケアをするべき?

1日を通して10時~14時ぐらいの時間帯が最も紫外線が強いといわれています。しっかりと日焼け止めを塗っておくことやSPF・PAの高い化粧品を選んで使用することなど紫外線対策は重要です。

注意するべきなのは、メラニンの生成を抑えてしまう美白化粧品を外出前に使用しないようにすることです。なぜなら、メラニンはシミの原因でもありますが、紫外線から肌を守る働きをするものでもあります。

メラニンの生成が抑えられた状態で紫外線に浴び続けてしまうと紫外線への抵抗力が著しく低下してしまい、シミやそばかすができてしまう可能性があります。成分をしっかりと把握して、メラニンの生成を抑えるのではなく、メラニンが黒くなる原因に働きかける成分を使用することをお勧めします。

紫外線を浴びてしまったら?


紫外線を長時間浴びてしまったり、日焼けをしてしまったときは、1~2日の間にしっかりと冷やしてあげることが重要です。冷やすことで活性化したメラニンを沈めて、しっかりと排出することができるため、シミになるのを予防することができます。

お風呂に入るときに水を使って冷やしたり、冷やしたタオルを当てたりしてケアしていきましょう。さらに、日焼けをした肌は非常に乾燥してしまいますので、しっかりと冷やした後は、保湿してうるおいを補給してあげることで美しい肌を維持することができるでしょう。

総評まとめ

透明感のある肌を手に入れるためには、紫外線への対策やケアをしっかりと行って、メラニンを十分に排出することが大切です。さらに、美白化粧品でも配合されている成分の働きによって使用するシチュエーションが変わることを覚えておくといいでしょう。

顔だけでなく腕や首などの露出している箇所には、紫外線を浴びた後に冷やしてたっぷりうるおいを与えることでメラニンを効率よく排出できます。透明感のある肌を手に入れるために細かなところにも気を付けて取り組んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする