紫外線が強いのはいつ?時期や時間について

一般的に紫外線対策が必要と言われているのは夏ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?逆に夏以外は対策をしていなくても問題無いのでしょうか?調べてシミのない美しい肌を目指しましょう。

季節による紫外線の強さ


紫外線が最も強いと言われているのは夏の7月・8月です。1年でも最も太陽が近くに来る季節ですので、届く紫外線の量は非常に多く、日焼けシーズンでもあります。

この季節にはほとんどの方が日焼け止めを使って紫外線対策を行っていると思いますが、徐々に紫外線が弱くなってくる9月~11月はどうでしょうか?

秋の紫外線は、気温が下がることで弱いと思われがちですが、まだまだ紫外線対策が必要な強さを持っています。夏が終わってもしっかりと紫外線対策を行うように心がけることをオススメします。

冬と春は紫外線対策がいらない?

冬になると露出も格段に減り、紫外線も非常に弱くなるので紫外線対策なんてしなくても大丈夫だと思っている方が多いのではないでしょうか?実は、最もシミができやすい季節は3~4月の春だと言われており、冬に蓄積されたメラニン色素が、春の強い紫外線に当たることで黒く目立ってしまうことが原因だと言われています。

冬にも紫外線対策を行っていなければメラニン色素が蓄積される。このことを知らない方が多いと感じますが、1年中万全にしなければならないと言う訳ではありません。

紫外線が最も多い時間帯には対策を


紫外線は1日中降り注いでいると言う訳ではありません。夜になると完全にではないにしろ著しく紫外線の量は低下します。

1日の中で最も紫外線の量が多いのは10時~14時だと言われていますので、冬の夕方以降であれば、多少の対策でも問題ないと言えるのではないでしょうか。

さらに付け加えると、日中浴びる紫外線は場所によってその影響にばらつきがでます。冬でいうなら雪原などの雪が多い場所は反射することで紫外線の影響が強く現れます。他にも水面や砂浜なども反射率が高いため注意が必要です。

総評まとめ

紫外線対策は、季節や時間によってその程度を変えることで1年を通して行うことがオススメです。

他にも場所によって紫外線の影響を受けやすくなってしまいますので、状況を把握してしっかりと対策するように心がけることで、シミやそばかすに悩まない美しい肌を維持することができるでしょう。

20代に蓄積したメラニンが30代に入ってからシミになったという話もよく聞きますので、気づいた時から実践することが大切なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする