紫外線対策の成分について

紫外線対策は日焼け止めだけではありません。最近ではBBクリームが注目されており、紫外線カット力の高い化粧品も多く販売されています。

紫外線カット力が高いのは危ない?


化粧品を選ぶときに「効果が高いものは危ない」と思ったことはありませんか?危ない成分が配合されているのではないかと疑問を持っている方は多いと推測します。

その中でもBBクリームは、化粧下地としても使用できてスキンケア効果を備えていたり、高い紫外線カット力を持つものも多く販売されています。では、その中で紫外線カット力が高く、安心して使用できる商品を見つけるためには何に注意すればいいのでしょうか。

紫外線対策に使われている成分

紫外線対策に使用される成分は、「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2つがほとんどを占めています。しかし、成分としては違う名前で表記されているため、よくわからない方も多いのではないでしょうか。

紫外線吸収剤は化学成分であり、一度紫外線を吸収してから放出することで肌を紫外線から守る働きがあります。しかし、一度吸収することで肌荒れを起こしやすいことや刺激を受けて乾燥してしまうなどの声も上がっている成分です。

紫外線散乱剤は化学成分ではないノンケミカル成分、紫外線を鏡のように反射させて肌を守ることができるため、肌にとっても安全に使用できます、しかし、欠点としては対策を講じていなければカバー力が低下してしまうことです。

紫外線吸収剤と呼ばれる成分

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
肌への影響が非常に高いUVAを吸収してくれる成分です。UVA対策ができる成分は少ないため、使用頻度は高いようです。

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
肌表面に影響が高いUVBを吸収してくれる成分です。感触を良くするシリコンオイルとも相性が良く肌への影響が最も低いとされ、配合頻度は非常に高い。

オキシベンゾン-3
UVA・UVBの両方を吸収できることで高いSPFの表記がある商品には、高確率で配合されている成分です。「化粧品の種類により配合の制限がある成分」。

紫外線散乱剤と呼ばれる成分

酸化チタン
紫外線を反射することができる微粒子。ノンケミカル化粧品として販売しているBBクリームやファンデーションに多く配合されている成分です。

酸化亜鉛
酸化チタンとほとんど同じ性質を持っており、紫外線を跳ね返すことができるノンケミカル成分。日焼け止めにも使用されていることが多い。

総評まとめ

化粧品を選ぶときに重要なのは、どの成分が配合されているかを見ること。紫外線吸収剤は特に影響の少ないものでも、敏感肌の方なら肌トラブルの原因になることがあります。

成分を把握して商品を選ぶことで、シミやシワなどの肌トラブルを未然に防ぐことができるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする