紫外線に強い肌と弱い肌の違い

紫外線を浴びてしまうことで、すぐに肌荒れを起こしてしまったり、ひりひりと痛みを感じてしまう”肌の弱い人”と逆にまったく痛みを感じない”肌の強い人”がいます。その違いは何なのでしょうか?

肌の弱い人とは


紫外線を浴び続けるとすぐに日焼けをしてしまう方や痒みを感じる方は肌が弱い人に分類されます。多少の症状であれば「いやだなぁ」程度で済みますが、本当に肌が弱い人の中には、日光アレルギーと呼ばれる体質の方もいます。

日光アレルギーは、紫外線を浴び続けることによって蕁麻疹のような、いわいる皮疹と呼ばれるぶつぶつができてしまい、我慢できない程の痒みを感じてしまいます。軽度な方であれば数時間日光に当たらなければ治りますが、重度な方は、広範囲にまでぶつぶつができてしまい、吐き気や頭痛などの症状も発症します。最悪の場合ショック状態になることもあるようです。

潜在的な症状の可能性も

今は多少痒みを感じる程度の方でも、長時間日焼けを行ったり、日焼けサロンに通ったりと自ら紫外線を浴びに行く行為はオススメしません。何故なら、紫外線を浴びる時間が長くなるほど発症してしまう可能性も高くなるからです。

他にも普段あまり日光に当たらないような屋内での屋内勤務の方に現れやすい、多形日光疹という皮疹は、日光に当たった部分に赤い隆起や皮疹が現れて痒みが1週間ほど続くことがあります。肌の弱い方はこのような症状を潜在的に持っている可能性がありますので注意が必要。

肌の強い人とは?

多少の刺激や乾燥などでは肌荒れや痒みを感じない方が分類されます。肌のキメがしっかりと整っており、肌バリア機能が正常に働いていることも強いと言われる理由です。

肌の強い人の特徴は、栄養価の高い食べ物をしっかりと食べていることや適度な運動を行っていること、肌内部に存在するコラーゲンやヒアルロン酸・肌の新陳代謝を促進するビタミンなどを幼少期から好き嫌いせずに食べていたという方が多いようです。

肌を強くするには?

肌を強くすることで、今まで感じた痒みを感じなくなったり、化粧品に対しても刺激を感じることや乾燥で悩むことが大きく軽減します。

そして、肌を強くすることは、アンチエイジングと同じだと考えても問題ないでしょう。若々しく透明感のある美しい素肌を手に入れるためには、体内に入る食べ物はしっかりとバランスよく食べなければいけませんし。適度な運動で体の老廃物を対外へ排泄しなければいけません。

弱い肌の人が強い肌の人になるのは、幼少期からの習慣があるため難しいですが、わかわかしく保つことは早く始めたほうが有利です。一度自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする