紫外線ケアのオススメ方法は?

紫外線対策は透明感のある肌を維持するためには必須。そこでオススメの方法はオススメの方法はあるのか調べてみました。

紫外線はこうやってケアしよう!

紫外線を浴びすぎたとき

特に夏やウィンタースポーツをしている時に起こる日焼け。家に帰ってからシミになってしまうと後悔したことは多いのではないでしょうか。しかし、紫外線は浴びすぎてもしっかりとケアしていれば、メラニンの生成を予防することができます。

まずは冷すことが大切

日焼けをしてしまった日から、1日~2日までに正しいケアをすればしっかりと排泄されてシミになるのを予防することができます。日焼けは、軽度な火傷と思って対処することが一番ですので、まずは日焼け部分を冷やすことを忘れずに。

保湿をしっかりしよう

紫外線によって日焼けした肌は、どれだけ汗をかいても内部が乾燥したままです。乾燥したまま放置すると肌の内側にある細胞が傷つきハリや弾力が失われる可能性があります。いつも使っている化粧水やボディークリームなどを使って日焼け箇所をしっかりと保湿しましょう。

ビタミンをたっぷり補給

ビタミンは、肌の新陳代謝を促進する効果がありますので、まだ合成されていないメラニン色素をしっかりと排泄することが可能です。ビタミン剤やフルーツ、野菜などからしっかりと補給することでシミやそばかすを予防しましょう。

紫外線を浴び続けて放置すると、、、


紫外線を大量に浴びても放置し続けるとただの肌トラブルから大きな病気に発展してしまうことがあります。

よく言われる病気としては、皮膚がん・肝硬変・動脈硬化などがあり、一度発症してしまうと通院しなければいけなくなったり、ひどい場合だと入院しなければなりません。こういった恐ろしい病気にならないためにもしっかりと紫外線を浴びた肌のケアを行って毎日美しい肌を維持することは大切です。

不安だと思ったらまず病院に

なんだかいつもと違う、日焼け後が痛むなど、違和感を感じたらすぐに病院に行ってみてもらうことをオススメします。多くの方が、我慢できる程度だから大丈夫だと放置してしまい、後から大変なめにあったという話は有名です。

早い段階で診てもらうことで初期症状の時点から治療ができるため、大きな病気になる前に未然に防ぐことができます。

総評まとめ

人の体は、体内に異常があればしっかりとサインを出してくれます。風邪を引いたら悪寒や関節が痛くなったり、胃が荒れると口内炎ができるなど、そのサインを見逃さずに対処することで健康を保つことができます。

肌も同じように違和感を感じたら早い段階で病院に行って相談してみることが大切です。美しい肌を維持するためにも自分の肌には敏感でいることが大切なのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする