そばかすって消せる!?消す方法を解説!

周りから見れば可愛いチャームポイントとして見えるそばかすも、実際に本人になると大きな悩みになります。

images

そばかすは顔の隠せない場所に出来るので、メイクなどで出来るだけ目立たなくしたいと思いますよね。

そんなそばかすですが普段のスキンケア次第で薄くしたり出来ることをご存知でしょうか?どうすればキレイにすることができるのかスキンケア方法を徹底的に解説します。

そばかすはシミと元の原因が違います

images

正式名を雀卵斑といいます。遺伝的な要素の強いシミです。シミは紫外線などが蓄積されていき、年齢を重ねた頃に浮き出てきますがそばかすは子供の頃から出てくることが多いようです。

これはそばかす自体が遺伝するというより、色白でメラニンを排出しやすい肌質が遺伝してそばかすが出来やすくなるということのようです。

色白の人はメラニン色素が薄いため、紫外線を浴びると肌を守ろうとメラニンが過剰に作られてしまい、シミが出来やすい結果となってしまいます。

そばかすが遺伝的なものであれば思春期の終わり頃、成人する前には自然に消えることもあるようです。

しかし、大人になってできたそばかすというのは、遺伝というより紫外線などが原因であることが多いので、薄くしたりするのに時間と手間が掛かります。

そばかすは悪化する!?

images

もちろん紫外線をもろに浴びるような行為をすると肌に炎症が起きるとともに活性酸素が発生し、増えすぎると細胞にダメージを与えます。

傷の上塗り行為になりかねませんのでこれ以上、そばかすを悪化させないためにはメラニンをださないように紫外線を浴びないことを心がけましょう。

そばかすを消すためには、まずは作らないことです。また、今以上に悪化させないことが重要です。

徹底した紫外線対策をしましょう。

images

徹底したUV対策は必要なので日焼け止めは必ず塗りましょう。これは夏だけではなく、季節問わず日焼け止めを日常的に使うのが重要です。曇っている日や家の中でも紫外線は存在します。

また、使用量はちゃんと守りましょう。正しい量をちゃんと確認して伸ばして使うことをおすすめします。つける量が少ないとUVカット力が半減してしまいます。

また、あまり紫外線ブロックの数値が高いものを使うと肌にとって負担となり、日常的に使用するには適していません。

美白成分の入った化粧品をつかいましょう。

images

美白成分でも色素沈着を予防する成分やメラニン生成に関わるチロシナーゼの働きを抑制する成分が入っているものを選びましょう。

ただし、ハイドロキノンという成分はシミ消しと言われるほど美白降下を発揮する反面、刺激が強く、逆に肌トラブルを招いてしまう恐れがあります。

まとめ

images

そばかすとシミの出来かたの原因の違いは分かりました。しかし、シミと一緒でこれ以上悪化させないという予防が大切なのは同じです。

その為には徹底した紫外線対策が大切です。それには日焼け止めが良いと説明しましたが防止やサングラスなどを使ってさらに徹底した対策をほどこすと完璧かと思います。

また、家の中、曇りの日、冬でも紫外線は存在するということを念頭において生活することによってそばかすなどの悩みはシミと一緒に薄くなるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする