シミはどうしたら消える!?色々調べてみました!

そもそもシミというのは消えるのでしょうか?現在、シミに対して様々な商品が出ています。美白化粧品だったり、サプリメントだったりと、どの商品を選んで良いか分からない方も多いはず。そこで今回は皮膚科をフューチャーしてみたいと思います。

images

ドラッグストアなどに行くと「シミに効果的!」なんてポップで書かれている商品を良く目にしますよね。しかし実際に使用した方の声を集めてみるとあまり効果を感じることが出来なかったなどの声が大半のようです。

そこで最終手段としてはシミを消すのに皮膚科に通わなければいけないのでしょうか?

何で市販薬は効果を感じない?

images

実はシミと言っても何種類も存在し、それぞれ原因が違いますし、対処法法も違うのはご存知でしたでしょうか?

なので市販の薬であまり効果を感じられなかったという方はその商品が目的とする原因と対処法があってなかったというケースが考えられます。すこしかけ離れてしまいますが便秘なのに風邪薬を飲んで治らない!と言っているようなものです。

自己診断でシミと思い込んでいたものが違う可能性もあります。

医薬品も効果が感じられないの?

医薬品は、第一類~第三類まであり、医薬品よりも効果が弱いが化粧品よりも効果があるものを医薬部外品といいます。大一類や第二類は医師に処方してもらう必要がありますが、第三類であれば市販・インターネットなどで購入することができます。

違いは、有効成分の配合量です。第一類や第二類は症状に合わせて配合量を調節してもらいえることで、高い効果が期待できるもの。第三類は一般的に副作用が出ない量として定められた配合量になっているため、症状によっては効果を実感するのに長い期間を要することもあります。

しかし、医薬部外品の美白化粧品などよりも高い効果を得られることは事実ですので、内側からしっかりとケアしたいという方にはオススメできます。

第三類医薬品の中で知名度が高い商品は、ロスミンローヤル・トランシーノ・ホワイピュアなどがあげられます。その効果についてロスミンローヤル事例という形で取り上げた記事がありますので参考にしていただければと思います。

やはり、効果を実感するためには下調べは重要ですので、有効成分の配合量や口コミ、価格などをしっかりと見極めて試してみるといいでしょう。

では皮膚科と美容皮膚科のどちらにいけばいい?

皮膚科

images

ニキビや蕁麻疹など治療は皮膚科で行います。大まかに言いますと皮膚の疾患を治し、痛みやかゆみのない健康な状態の戻すというのが目的です。施術や薬には健康保険が適応されます。

美容皮膚科

images

シミやシワなどの改善する美容目的は美容皮膚科で行います。しかし、シミやシワは直接健康に影響を与えるわけではありませんので健康保険が適応されません。

私個人の見解だとまずは皮膚科に行くことをおすすめします。美容皮膚科はやはり健康保険が利かない点が一般の方からしたら現実的ではないと思います。皮膚科でも無理なようなら一度言ってみるのもいいかもしれません。

皮膚科で受けられるシミ治療って?

○ハイドロキノン

images

このハイドロキノンは塗る漂白剤といわれるほど強力な薬です。前は医師のもとで処方されていましたが薬事法の緩和により一般低な化粧品にも一定量と決まっていますが入れることが可能に。

ハイドロキノンを使うと気は医師と使用量や使用頻度をしっかりと確認して使うようにしましょう。長期連用すると「白斑」という肌の色が抜け落ちる副作用があるので注意!

○トレチノイン

images

トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、ターンオーバーを強力に促す薬です。シミは肌のターンオーバーにも関わってきます。

人によっては赤みや肌荒れなど副作用が出ることがあるようなので医師と相談して使いましょう。

まとめ

images

いかがでしたでしょうか?

市販薬のメリットはドラッグストアなどで手軽に手に入れることが出来、値段もそれなりに安いものもあるところですがシミの種類や原因が分かっていないと効果を実感出来ない恐れがあります。

皮膚科の処方薬のメリットは医師に診断のもと、シミの種類を見極め適した薬の処方をしてくれます。しかし、病院にいかなくてはいけない点や、薬によっては強いものがあり、副作用が現れるときがあります。

どちらもメリット、デメリットを持ち合わせているので最終的には自分に合ったものを使用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする