ストレスが美白や美肌を妨げてしまうのは何故?

ストレス抱え続けることは、美白や美肌の最大の敵であるといっても過言ではありません。ストレスが美白を妨げるのは何故でしょう?そのメカニズムや改善方法をまとめてみました。

ストレスが続くとどうなる?

images

気付かないうちにストレスを抱えて自覚がない場合は、肌荒れ・湿疹・蕁麻疹などが突然できるという場合もあります。

ストレスに気付かずに抱え込むことで、肌の不調は蓄積させて肌老化を加速させてしまい、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなります。

ストレスは活性酸素を発生させる

ストレスを感じると体内で活性酸素が発生します。活性酸素は“酸化”と呼ばれる現象を起こして、肌トラブルが出やすくなり肌老化も進行してしまいます。それだけでなく、免疫力を低下させてしまうので病気が発症しやすくなります。

活性酸素は、睡眠障害やホルモンバランスの乱れなども引き起こすため、ストレスが続くと美白や美肌効果にさらに悪影響を与えます。活性酸素はあらゆる事態を招いてしまうため、ストレスを溜めないことが重要です。

自分に合ったストレス発散法を見つける

images

社会人になって働き出してから、肌がくすんだりシミが増えてしまったといったトラブルを訴える人が多くいます。ストレスを溜め込まずに上手に発散させるためにも、自分に合う発散法を見つけることはとても大切です。

自分に合った趣味を見つける

趣味があるとストレスが溜まりにくいという統計もあるようです。カラオケで気持ちよく歌うことでスッキリする方もいれば、マラソンや野球・テニスなどのスポーツをすることでストレスが発散される人もいます。風景や人物をスケッチするのがリラックスできる時間である方もいるでしょう。

悩みすぎないことも大切

何かを思い悩むあまり、思い込んだり考えすぎてストレスを感じてしまうこともあるようです。悩みすぎず、物事を気楽に考えることでもストレスが軽減されます。

睡眠でストレス解消

一晩寝たら元気になった経験があるという方も多いはず。そもそも生きていくうえで睡眠は欠かせない活動です。

睡眠時間を確保することは、美白や美肌にとても重要なことです。睡眠中は脳が休めることで、自律神経が整い気力や集中力が回復します。また、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので、肌が活性化されてあらゆる肌のトラブルが起こりにくくなり、体の健康にも繋がっています。夜更かしは、美白や美肌を損なうので注意しましょう。

まとめ

images

仕事・家庭・友人関係・恋愛・学問など、さまざまな生活環境でストレスを抱えがちですが、ストレスをきちんと自覚して、上手に発散させることが大切です。

ストレスを抱え続けることは、美白・美肌に悪いだけでなく病気を誘発することにもなりかねません。自分に合った解消法を見つて、美白や美肌を保ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする