タバコを吸うと美白の妨げてしまうのは何故?

タバコを吸うと肌にどんな影響を与えるのでしょうか?率直にいうと、喫煙は美白を妨げます。では、どのようなメカニズムで肌へも悪影響があるのでしょうか。禁煙そのものに大きな美白効果がある、その理由についてまとめました。

ニコチンが与える影響とは?

images

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮して血液の循環を悪くします。タバコを吸うことで血流が悪くなり、新陳代謝を衰えて乱れやすくなり、あらゆる栄養が肌へ行き渡りにくい状態となってしまいます。

その結果、メラニンが排出されずにそのまま付着してシミを作ってしまうのです。また、美肌効果のあるバランスの良い食事をしても、血流が悪く新陳代謝状態では、栄養が肌に行き渡りにくくなります。

恐怖!ニコチンには高い依存性がある?

タバコをやめたいと思っても、なかなかやめれずにいる方は多いようです。ニコチンは、脳に到達すると快楽物質のドーパミンを放出するため、高い依存性があることが認められています。厚生労働省の喫煙のデータでは、若い女性の喫煙率は上昇傾向にあるという報告もあるようです。

強力な依存力はヘロインやコカインと同程度という発表がされているほどです。

タバコとビタミンCの関係

images

ビタミンCは美白に効果を発揮する代表的な栄養素です。
ビタミンCには、シミの原因となるメラニンを抑制する効果があります。また、コラーゲンの生成をサポートするので、透明感のある明るい肌を保つサポートをします。

タバコは体内のビタミンCを消費する

タバコは1本吸うたびに、25mgのビタミンCを消費するといわれています。成人に1日に必要とされるビタミンCは、約100mgなので、タバコを4本吸うことで1日分に相当するビタミンCを消費してしまうと考えられます。

日頃から美白を意識してビタミンCを積極的に摂取していても、タバコを吸っているのでは不足しがちになります。ビタミンCが減少してしまうことで、メラニンが増えてシミができやすくなります。また、ハリが失われることで、肌がくすんで透明感が失われます。

まとめ

images

まずは禁煙をすることが美白への近道です。もし、タバコを吸っている方も、やめるだけで肌はぐんとキレイになり見違えます。血液の循環が良くなって新陳代謝が活発になることで栄養が行き渡り、あらゆるトラブルが改善されて明るい透明肌に近付きます。

肌や身体に大きなストレスを与えているタバコは、シミ・シワ・たるみ・くすみなど、美容面では百害あって一利なしともいえる存在です。思い切って禁煙をして、肌が明るくなるのを実感してみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする