美白や美肌に効果を発揮する入浴方法とは?

美白や美肌を手に入れるために味方にしたいのが入浴です。力任せに洗ったり、時間を短縮させたいからと手短に済ませてしまうのは勿体ありません。理想的な入浴を行うことで、肌の調子を整えて美白や美肌を叶えましょう。

入浴時間を味方をつけるには?

images

湯船に浸かる

忙しいからという理由で湯船に浸からないという方は多いようです。また、単に面倒くさいといった理由で湯船に浸からないという方もいるでしょう。シャワーだけで済ませてしまうと入浴時間を美白や美肌の見方にすることはできません。

湯船にきちんと浸かることで、血流が良くなり体内の細胞が活性化されて、美白や美肌に繋がります。栄養や酸素が肌に行き届いて、肌は元気になり透明感が出てきます。ストレスはシミの原因となる活性酸素を発生させてメラニンを活発にさせてしまいますが、リラックスすることで活性酸素の発生を抑えます。

湯船に浸かるとじんわり温かさが身体中にしみわたり、高いリラックス効果を実感できます。リラックスすることでリンパの循環が良くなり老廃物が排泄されるため、くすみやむくみが改善されて顔色が明るくなります。

40度程度の温度が理想的で、最初の5分は首まで浸かってリラックスして、そのあとの10分は半身浴をするといった15分程度を目安にして浸かると良いでしょう。

シャワーの場合は?

できれば湯船に浸かるのが理想ですが、シャワーで済ませてしまうときもあります。慌しく作業的になりがちなシャワーですが、最初はぬるめの温度で徐々に温度を熱くする方法で浴びると、シャワーでも身体を温めてリラックス効果を感じることができます。

香りを味方にする

天然精油のアロマオイルは香りによるリラクゼーション効果とともに、肌の調子を整える作用もあります。湯船に数滴垂らして入浴すると、香りに包まれて更に入浴中のリラックス効果が高まります。

シミやくすみに効果を実感したいなら、新陳代謝促進作用のある「ネロリ」、抗酸化作用や皮膚細胞活性作用のある「キャロットシード」、血行促進作用のある「ゼラニウム」、皮膚細胞活性作用のある「ローズウッド」などがお勧めです。

入浴の際に注意したいこととは?

images

ごしごし洗わない

10分以上湯船に浸かることで80%もの体の汚れは落ちるという理由で、石けんもボディーソープも使わないといった、有名芸能人やモデルなどの美容マニアが増えているようです。ボディーソープを使わないことで、肌がモチモチになったというコメントもあるように、石けんやボディーソープを使用する際もごしごし洗うのだけは絶対に避けましょう。

洗浄剤が厳選する

界面活性剤が使用されている洗浄剤を選ばないのもポイントです。ボディーソープよりも石けんの方が比較的添加物が少ないため、ソープを使用したい場合は石けんがお勧めです。

まとめ

images

入浴時間を味方にすることで美白や美肌効果を高めましょう。1時間以上の入浴はトラブルの原因になることもあるようなので、適度な時間を丁寧に過ごすのがお勧めです。

理想的な入浴とともに、良質な睡眠やバランスのとれた食事・美白化粧品を使用したお手入れを同時に心がけることでより効果的となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする