美白効果のあるアロマオイルが知りたい!

images

植物の天然精油であるアロマオイルは癒しの香りに注目されがちですが、古くからヨーロッパではその薬効に注目をして用いられてきました。あらゆるスキンケア商品などに配合されるなど、日本でもさまざまな効果や効能が注目されています。

美白効果のあるアロマオイルは、どんなものなのか調べてみました。

  

美白効果のあるアロマオイル

images

ラベンダー

4時間ほど香りを楽しめるミドルノートの、爽やさなフローラルのバランスのよい香りがするシソ科の植物です。

高い鎮静作用や消炎作用を持ち、肌のターンオーバーを高めます。皮膚の細胞を修復する痕跡形成効果があるので、日焼けや火傷の部分に直接使用することができて、ニキビ跡を消す効果もあります。

安全性の高さから美白スキンケアに多く使用されています。香りには、鎮静・不安解消・安眠といった効果があります。美しい肌に睡眠は欠かせない要素ですもで、その点で見ても美肌効果があるといえます。

ゼラニウム

ノートはミドルで、ゆっくり立ち上げるグリーンフローラルの香りを2~6時間ほど楽しめる、フウロソウ科の植物です。

殺菌作用や血流の改善作用があり、治癒力に優れた薬草として用いられてきました。ホルモン分泌の調整作用があるため、生理不順や月経前症候群(PMS)、月経痛、更年期障害、肝斑などに効果を発揮します。不安やイライラなどを鎮めて精神と肉体のバランスを整えるます。

肌に使用する際は0.5%以下に希釈したオイルを利用しましょう。

カモミールジャーマン

ミドルノートのフローラル系で、キク科の植物です。

炎症を抑えるため、ニキビや肌荒れ、アトピー、じんましん、かゆみなどに効果を発揮します皮膚の代謝を高めてメラニン色素の生成を抑制する作用もあるため、シミやそばかすにも有効です。美白効果だけでなく保湿効果もあり、乾燥から肌を守ります。

香りや作用が強いため、入浴、芳香浴、ヘアケア、トリートメント、スキンケアなどに使用する際は、1回の使用量は1~2滴で効果があります。ハーブティーとしても広く親しまれています。

グレープフルーツ

トップノートのシトラス系に分類されますがやや香りは持続します。爽快な香りが魅力のミカン科の植物です。

皮脂分泌を調整する作用があるため、ニキビ肌や脂性肌のスキンケアにぴったりです。漂白作用があり美白ケアに効果を発揮しますが、光毒性があるのでグレープフルーツの精油を使用したスキンケア後は紫外線を浴びないようにしてください。夜限定のお手入れをお勧めします。

  

まとめ

images

聞いた事のある身近なアロマオイルが美白ケアに効果を発揮していることが分かりました。その他にも、セロリ・レモン・アイリス・柚子・ローズマリー・クローブ・ターメリック・ローズなどが挙げられます。

アロマオイルはそれぞれの特徴によって使用方法が異なるので、正しく楽しむことが重要ですが、味方につける事で心身のリラックスに繋がり美白まですることが可能となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする