【美容成分】ハイドロキノンの働きとは?

美白成分として注目を集めているハイドロキノンの働きは一体どんなものなのか、そもそもハイドロキノンとはなんなのか、しっかりと把握して美白化粧品を購入するときの参考にしましょう。

ハイドロキノンとは?


イチゴや麦芽、コーヒーなどに含まれる天然成分がハイドロキノンです。酸化を抑える還元作用があり、元々は写真の現像や酸化防止剤などとして使用されていた成分です。

シミの原因であるメラニンの生成を阻害する作用を持っており、紫外線によるメラニンの生成を抑えることができるため、シミを未然に防ぐ効果が期待できます。

そして注目されている要因として挙げられているのが、ハイドロキノンが持つ還元作用がシミを防ぐだけにとどまらず、現在できてしまっているシミに対しても効果を期待できるという点です。

しかし、成分としては非常に強力なものですので、扱いが難しいという理由で医師の処方が必要な成分でした。

化粧品に配合して大丈夫なの?

ハイドロキノンの美白効果は、ビタミンCの10~100倍と言われており、非常に協力にシミに働きかけてくれます。2001年には、薬事法が改正されて配合量の規定値が設けられたことで化粧品にも使用することができるようになりました。

シミを改善するためには、病院に行ってレーザー治療を行うか、薬を処方してもらうかのどちらかになります。このとき処方される薬には高い濃度でハイドロキノンが配合されているようです。

一般的に刺激が少ない濃度であれば化粧品にも配合されているものがありますので、長期的に治すことを目的にしている方は、化粧品を使って治療するという方法でも改善することができるのではないでしょうか。

強力な成分だから副作用に気を付けて


法律で定められた濃度の配合でも、高い効果を発揮する強力な成分ですので、合わないと感じたらすぐに使用をやめることをオススメします。

刺激を感じる化粧品を使い続けることは、どれだけ効果的な成分が配合されていても肌トラブルを引き起こす原因になります。

そして、日中外に出る前の使用はあまりオススメしません。なぜなら、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑える効果が高いため、日中紫外線から受けるダメージを緩和するメラニンまでも抑えてしまいます。

結果として、受ける紫外線ダメージが高くなり、新たなシミができてしまう要因になる可能性が生まれるという副作用があるからです。

夜だけの使用であればその効果をしっかりと発揮できるのではないでしょうか。

総評まとめ

ハイドロキノンは、美白成分としては非常に優秀な効果をもっており、少し前までは医師の処方が必要な成分でした。しかし、薬事法の改正で濃度によって化粧品にも配合できるようになったことで、これまでにシミに悩んでいた方にとっても心強い成分だといえるでしょう。

しかし、副作用もありますので、使用する前に試す、もしくは使用後違和感を感じたら使用をやめることをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする