【美白成分】ルシノールの働きとは?

美白成分ルシノールは一体どのような働きをするのでしょうか、そもそもルシノールとは一体なんなのか、しっかりと把握して化粧品選びの参考にしましょう。

ルシノールとは?


大手化粧品メーカーである「ポーラ」が開発した美白成分として有名です。独自の技術を用いて、シベリアのモミの木から抽出されたルシノールは、高い美白効果があると1998年に厚生労働省から”医薬部外品”として認可を受けています。

美白化粧品としては、ホワイトショットやホワイティシモが有名で、多くの愛用者がいるポーラの人気化粧品です。これまでに多くの化粧品を開発してきたこともあり、肌への影響をしっかり考えた成分です。

ルシノールの働きとは?

紫外線から肌を守るために生成されるメラニンが活発になりうまく排泄できないまま、このメラニンにチロシナーゼが働きかけることで色が黒く変色してしまいシミができます。

ルシノールは、このメラニン自体を生成させないようにする働きがあるため、シミになる原因事態を抑制することができます。他の美白成分であるビタミンC誘導体との相性がよく、併用することで美白効果が格段に向上するというデータもあるようです。

その効果は、アルブチンの数百倍とも言われており、高い効果の分配合量に気を付けなければ刺激を感じてしまうかもしれません。

副作用はあるの?


ルシノールは、大手化粧品会社であるポーラが開発した独自成分であり、厚生労働省に医薬部外品の認可を受けた成分ですので、非常に安全性の高い商品なのではないでしょうか。

肌にも刺激が少なく、効果も高いため、使用し続けることでシミを予防する効果が期待できます。

しかし、すでにできてしまったシミを改善する働きではないため、目的を間違えて使用してしまうと効果を実感できないと感じるかもしれません。高価な成分でもあるため、配合されている化粧品の価格も継続して購入するにはハードルが高いという点もデメリットといえるかもしれません。

総評まとめ

美白成分としての効果は、厚生労働省も認めておいることで期待できますし、副作用もほとんどない安全な成分のようです。

しかし、シミを防ぐことを目的にして使用しなければ効果を実感できないという結果になってしまいますので注意が必要。

これまでに様々な美白化粧品を試したけど効果を感じられなかったという方は、成分の働きを勘違いしてしまっている可能性がありますので、一度見直してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする