日焼けの正しい対処方ってどんなの?

夏がくるとどうしても行きたくなってしまう場所「山」「海」「川」ですよね。自然の中で遊ぶのは心も開放できてとても良いことです。しかし、気になってくるのが紫外線です。しかもそういうときに限って日焼け止めを忘れてしまったり・・・そんなついうっかり日焼けしてしまった場合のアフターケアについてご紹介していきたいと思います。

images

うっかり日焼けをしてしまった!とりあえずの応急処置的なスキンケア

少しでも憶えておくことでその時の対処法がわかります。今回はまず簡単に出来るものを紹介!

①冷やしましょう

単純に日焼けと言っても実は皮膚が焼けどをして炎症を起こしている状態。まずはそのほってっている部分を冷やすことが重要です。赤くなっている部分を冷水で塗らしたタオルなどを使い、患部を冷やすようにしましょう。冷たいお風呂に浸かるという方法もありますが逆に身体が冷えすぎてしまう場合もありますので注意が必要。氷を入れたビニールや保冷剤をタオルにまいて使うのも有効です。

②保湿をしっかりと

先ほども書きましたが日焼け=怪我のような気持ちを持つことが大切です。自分の肌の状態に合った保湿を行うことをおすすめします。

肌がヒリヒリする場合

肌がヒリヒリと痛むような感じがあった場合は化粧水などで補わずにワセリンなどの軟膏を塗るようにしましょう。もし状態が酷くて、水疱が出来ている場合などは自分で薬を選ぶのではなく、ちゃんと皮膚科で処方してもらってください。

ほてりがある場合

肌のほてりが冷めてきたころに、化粧水をたっぷりと患部につけて保湿するようにしましょう。日焼けした肌は通常の肌よりも水分不足が進んでいるので多くつけすぎくらいが丁度いいです。

日焼けの度合いによってはしみてしまう場合があるので単に化粧水といっても刺激の少ないといわれている敏感肌用のものを使用することをおすすめします。

日焼けをしてしまった場合ですがまず美白の事を考えるより肌に負担を掛けないスキンケアを優先することが大事。また、色々と何でもつけるのはNGです。つける回数が多くなるほど肌に摩擦が生じで傷つけてしまうからです。

化粧水を使うときのポイント!

images

化粧水はコットンを使わず手の平で優しくつけることを心がけてください。日焼けをおこした肌は通常の肌よりダメージを受けているのでコットンを使うとその繊維でダメージを受けやすくなってしまいます。やられている方もいるかと思いますが化粧水を冷蔵庫などで冷やすことによって清涼感を得られ、肌を再び冷やすことができます。

まとめ

images

紫外線というのは普段、何気なく生活していくうえでも知らず知らずの内に浴びてしまうものです。ましてや夏のレジャーなどに出かけた際はもろに浴びてしまいます。ついうっかり・・・などと日焼けしてしまってもしっかりとケアをすることでそれ以上、酷くならないように処置はできます。

夏はどうしても開放的な場所へ行きたくなってしまう季節です。日焼けの対処法を正しく知ることによってダメージを最小限に抑えることができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする