日焼けに効果的な食べ物ってあるのでしょうか?

皆さんは、日焼けしたあとは化粧水を塗ったり、アロエを塗ったり、患部を冷やしたりすると思います。

しかし、ただ単に日焼けと言っても肌の色が褐色になるだけではないんです。紫外線のダメージが蓄積されればシミやシワ、などのトラブルの原因になります。

なので夏になると日焼け止めをたっぷりと塗って外出するのが一般的ですが、そんな日焼けに対して内側から効く食べ物ってあるのでしょうか?

外側と内側からケアできたら嬉しいですよね。

今回は日焼けやシミなどに効果的といわれている食べ物と、飲み物を紹介していきます。

うっかり日焼けさんもこんがり肌を目指してる方も内側をキレイにケアしておくことが重要です。

日焼けに効果的な食べ物は?

images

日焼けに効果的な成分といえば「ビタミンC」なのです。ではビタミンCが多いものといえばイチゴやレモン、オレンジ、グレープフルーツなどの果物とトマト、パプリカ、アセロラなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンCといえばレモンと思われる方も多いと思いますが実はイチゴの方が多いのです。イチゴであればすっぱさを気にせずに摂取できるので摂りやすいかと思います。

あとはビタミンEだと大豆やゴマ、アボカドなどでβカロチンは人参やかぼちゃなどにも多く含まれ、日焼けに効果的とされています。

日焼け対策として、日焼けをした後に効果的なものを摂取しようとする方も多いと思いますが外出前に摂取するのも効果的なのです。

まず先に摂取して日焼けを待ち受ける形をとるというわけです。

日焼けに効果的な飲み物は?

images

ビタミンCといえばイチゴということが前述した通りですが日焼けに効果的な飲み物はあるでしょうか?

それは「アセロラジュース」なのです。荒れろらにはイチゴ同様にビタミンが豊富で ポリフェノールのアントシアニンを含んでいます。この成分ですが抗酸化作用が非常に高いため、ビタミンとの層状効果でシミなどの原因となるメラニンの生成を抑える働きをしてくれます。

飲み物は食べるものより体に吸収されやすいので外出前に思い出して飲んだだけでもそれなりの効果を発揮することができます。

まとめ

images

日焼けなどの対策となるとどうしても外側だけを考えてしまいがちです。しかし、内側からケアすることによってダブルの効果を得ることができます。

事前の外側の対策としては日焼け止めなどがありますが内側にも食べ物や飲み物があるのが分かりました。また、ビタミンCが良いとされていますがイチゴが一番豊富に含まれているので間違った認識をお持ちの方は改善できたことでしょう。

夏はどうしても紫外線などが強くなる季節です。内側からも美白対策を行ってみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする