敏感肌の特徴とは?

敏感肌の方はバリア機能が低下して、外からの刺激を受けやすくなっている状態です。この様な肌質の方は紫外線など浴びたときにシミしなり安かったり、最悪、髪の毛やごみが触れただけでもかゆくなったりしてしまいます。

敏感肌の方は間違ったスキンケアをしていうかもしれません。

images

間違ったスキンケア

ここでは間違ったスキンケアをご紹介します。

クレンジングや洗顔に2分以上かけて丁寧にやる方や化粧水を強いパッチングする方は要注意です。その他にも肌をこすりすぎたり、肌に合わない化粧品の使用、シャンプーやボディーソープの流し損ねなど様々なものが原因として存在します。

外的要因だけではなく、寝不足やストレス、生活習慣の乱れによっても肌の提供力は低下し、敏感肌の原因となりえます。

アレルギー

食品や花粉やカビなどのアレルギーのよっても敏感肌を引き起こす可能性もあります。成長や生活環境によっても子供の頃大丈夫だったものがダメになったりすることもあります。

なかなか治らないという方は一度、何がアレルギーを引き起こしているのか病院などでチェックしてみるのも一つの手です。

栄養不足

昨今はアメリカなどからファーストフードの参入などがあり、自分が食べたいものだけ食べるというスタイルが確率しつつあります。

その為、偏食が進むことによって栄養素が不足してしまう可能性があります。

肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常に促すためにもビタミンAやたんぱく質、アミノ酸を効率よく摂取することが必要です。

肌の乾燥が酷いときはどうしたらいい?

images

敏感肌の方の乾燥が酷いときはどうケアするのがよいでしょうか。

乾燥が酷いときはパックがおすすめです。肌に直接密着するので水分や保湿成分、美容成分をしっかりと浸透させてくれます。また、何度も重ね塗りするスキンケアは肌に摩擦を与えてしまい、かえってトラブルを招くことになります。

しかし、ここで注意点!シートタイプは長くつけていると感想してしまい、逆に肌の水分を奪ってしまうので長時間つけっぱなしにしないように注意しよう!

まとめ

images

とにかく敏感肌の方は肌に負担をかけてはいけません。一つ一つに比べると効果が薄くなるかも知れませんが、オールインワンなどの何役をこれ一つで!みたいな商品だとたったの一回、それをつけるだけでいいので摩擦が軽減させることでしょう。

また、クレンジングなどやはり摩擦を気にして泡立てた洗顔を包み込むように洗うことを心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする