美白化粧品と乾燥の関係性

普段何気なく、色が白くなりたい、シミが薄くならないかな?美白ケアをしたい!など女性であればそんな悩みの1つや2つあると思います。

すでに美白化粧品を使っている方もこれから探して使いたいという方も単なる「話題性」や「芸能人が使用していた」などの安易な理由で購入をしたり、検討をしていませんか?

そもそもすでに購入して使っている方はその使い方あってますか?

美白化粧品も使い方などを間違えることによってその効果が発揮されません。

美白化粧品っていつ使うの?

images

実は美白化粧品は1年中通して使うものなのです。春から夏にかけてCMも良く流れるので夏だけ!というイメージをお持ちの方も多いはずです。そもそも勘違いして欲しくないことは基本、美白化粧品とは肌が黒くなったから、シミが出来たから消すためにあるものではなく、これ以上、シミが出来ないように予防するためのものなのです。

もちろん、シミを消す目的のものありますが、シミが出来たからすぐに消すという化粧品は存在しません。

1年中を通して、美白成分の有効成分を肌に与え続ける努力が必要なのです。

じゃあ効果を実感できるのはいつなの?

肌のターンオーバーは正常な働きをすれば28日間で生まれ変わるといわれています。なので美白効果を実感するには28日以上様子を見る必要があります。ですので2ヶ月~3ヶ月は同じ美白化粧品を使用してみてその効果を確認するしかありません。

実は乾燥しやすい美白化粧品

images

全てでは無いですが美白成分として定番とされるビタミンCは実は皮脂が減ってしまい、肌の水分を奪いやすく、乾燥しやすくしてしまします。少し前まではその為、乾燥肌の方にはあまりおすすめできない商品ではありました。

今ではちゃんと保湿も考えた美白化粧品が出ていますがそもそも肌が乾燥すると吸収力が弱まって成分を浸透させることが難しくなってしまいます。

ですので肌が乾燥している人はまずたっぷりと保湿し、肌にうるおいを与えることをしてから美白化粧品を使いましょう。

まとめ

images

いかがでしたでしょうか?

どんなに良い成分が入った美白化粧品を購入して使っていても、肌が乾燥していれば思うように成分が浸透せずに意味がない事が分かりました。

また、ちゃんとしてるのに効果を実感出来ないなどの悩みがある方はターンオーバーが正常に働いていないかもしれません。

30代を過ぎると水分だけでなく、油分までも減ってきてしまうので乱れr原因となります。

美白美白!とならずに年代別でちゃんとした肌のケアをおこなってから美白化粧品をしようしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする