ウユクリームが危険!?人気の韓国コスメに迫る!

images

ウユクリームについて検索したら「ウユクリーム 危険」の文字が出てきました。

ウユクリームとは簡単に言えば肌に塗ると白くなるというクリームです。なんだかそんな言葉が出てくると不安になってしまいますよね。そこで、はたして本当に危険なのか、安全に使えるものなのか調べてみました。購入前の参考になればと思います。

ウユクリームとは

images
出典:公式サイト

現在、韓国でブームとなっているオルチャンという化粧法に必須とされる美白になれるクリームの事。

韓国のコスメブランド『3CE』の大人気商品で、正式名称をwhite milk creamといいます。

塗った瞬間に肌を白く見せることが出来、ボディにも使用できるブライトナーのようなもの。

ウユとは韓国語で牛乳を意味し、3CEのwhite milk creamのパッケージが牛乳パックのようだったことからウユクリームと呼ばれるようになったんだとか。

塗って肌が白くなんて危険な成分は入っていないのでしょうか?基本的には化粧の下地などに使うものなので皮膚呼吸が出来るのか?など心配な面も多々あります。

ウユクリームに危険性はある?

images

ただ単に「話題性」や「流行っているから」などの安易な理由で購入すると肌トラブルの原因を引き起こしてしまうなどの危険があります。

少し前にはなりますが大手化粧品会社が裁判沙汰になる事件があったのも記憶に新しいかと思います。また、大事にはならずにマスコミには取り上げられていないだけでそういう事例はいくつも存在しています。

自分の身は自分で守るしかありません。少しでも成分や効果を把握しておくことで防げることもあります。

○ウユクリームの成分

ビタミンE誘導体、牛乳たんぱく質エキス、カカオバター、保湿剤としてプロパンジール・ヒアルロン酸ナトリウム、保水剤にグリセリンなどが配合されています。

肌を白くさせるだけなので紫外線をカットする効果のあるUV成分は配合されていません。

危険などといわれている成分は「酸化チタン」と「ジメチコン」という成分のようです。

■酸化チタンは危険なの?

images

ほとんどのファンデーションや日焼け止めに入っている成分です。酸化チタンとはチタン鉱石を原料に生成され、私たちの生活の中でも日常的に使われているものが多く存在します。

一般的に危惧されているのは発ガン性などがありますが明確なデータをもとに十分な証拠が無いとされています。

■ジメチコンは危険なの?

images

ジメチコンとはシリコンオイルの中でも代表とされる種類のものです。油に溶けないという特徴を持っていて、さまざまなものをコーティングしてくれる効果があります。

この高いコーティング作用によってまったく問題はないという方もいれば、すぐに肌が荒れてしまったという方もいるようです。

ウユクリームに含まれる酸化チタンとジメチコンですが危険ではない!と言い切れないのが現状です。もし、どうしてもウユクリームを使用してみたいと思う方は必ずパッチテストをしてください。パッチテストを行うことによって被害を最小限に抑えることが出来ます。

Point!白くなるという事に関しては即効性のあるウユクリームですが少しでも危険を回避するのならパッチテストを行いましょう!

価格はいくらなのでしょうか?

images
出典:公式サイト

商品名 3CE ホワイトミルククリーム
容量 50g
価格 3,480円

※価格は税込み表示

どのような使い方をするのかによってコストパフォーマンスは変わってくると思います。顔だけに塗るのであれば1ヶ月は持つと思いますし、もし全身や腕・脚などにも使用するとなると少しコスパは悪い印象を受けます。

実際に使用したみんなの口コミ!

images

・沢山付けると白くなりすぎる
・時間が経つと白浮きしてきます・・・
・朝塗って昼頃には肌がカサカサに
・韓国の女の子みたいに白くなれます♪
・白くなる!でも不自然さを感じます!

多く見受けられた書き込みとしては「肌がかさつく」「白くなりすぎる」などの口コミが多いようです。しかし薄く塗ることで解消されるようですが、かなりがんばらないと薄く塗れないとのこと。その反面、韓国の女の子に近づけるという意見もありましたので賛否両論といったところではないでしょうか。

ウユクリームが危険!?の【まとめ・総評】

images

ウユクリームに配合されている危険とされる成分である酸化チタンとジメチコンですが普段、私達が使っているものの中にも多数含まれています。

ある一部分だけを見てしまえば危険と捉えることも出来ますがそこまで心配をしなくてはいけない成分でもないと思います。

しかし、透き通るような美白を目指すのであれば表面上だけではなく、現在、主流となっている飲んでシミに効く医薬品をおすすめします。

体の内側から美白を目指すという事はウユクリームや一般敵な美白化粧品と違って体全体をケアしてくれるからです。

価格もウユクリームと大差ないですし、美白化粧品だと何万円もしてしまうことからコストパフォーマンスにも優れており、好評を得ています。

まずは自分に合った美白ケアを知ることが大事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする